弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
  シャコンヌホーム
  弊社展示会における楽器盗難について

裏板長さ 355mm
裏板上幅 165mm
裏板中幅 107mm
裏板下幅 204mm

この度、弊社静岡展示会におきましてガルネリが盗難に遭い、新聞、テレビ等により報道されました。展示会場である静岡ツインメッセの職員の皆様、警察の方々、報道関係者の方々には大変お世話になり、又多くの皆様より励ましのお言葉をいただき、ここに御礼申し上げます。

展示方法、警備の問題等、不備、不用意な点があったと反省しております。これまで、ただ見ていただくだけでなく、試奏して良い音を体験していただける展示会を目指してやってきました。今後もこの方針は変えずに、より良い方法で展示会を開催していきたいと思います。

盗難楽器は15年程前に入手したものですが、非常に大きな音の出る楽器で、コンクールや演奏会で大勢の方々に弾いていただき、シャコンヌ(カノン)のコレクションの中でも際立ったものです。非常にフラットな楽器で、調整によってはウルフが出ることもあり、荒馬を乗りこなす様な難しさと醍醐味がありました。

形はWalter Hamma(1965) Italian Violin Makers 掲載の“Ex Lenau 1727”に近いもので、表板の木目はやや幅広く、裏板は同楽器や、特に同書の“Ex Corti 1730”と同じ材料と思われる一枚板の柾目で、右サイドでスラブがかっています。スクロールはPeter Biddulph(1998) Giuseppe Guarneri del Gesu 掲載の“Haddock 1734”に形やシャープなカットが酷似しており、ピンクレッドのオリジナルニスが残っています。

シャコンヌでは二度の開体修理をしていますので、内部までその特徴などを記憶し、写真撮影もしています。この楽器から多くの貴重な知識や情報を得ることができました。最近ニス等のレストレーションを行い、静岡展示会の直前に終わってすばらしい音になり、ソロ楽器として御使用いただける矢先の事でした。

私は、名器と言われている楽器は音楽会で使われることによってこそ活きると思います。例えば、有難いものとして所有していたり、個人で弾いて楽しんでいるだけでは、あまりにももったいない事です。美術品的骨董価値や金額などは全く無視する事はできませんが、名器と名奏者によって奏でられる名曲を聴き、大勢の人々が感動する事が、最も得がたく有効な事だと思います。

このガルネリがいつの日かまた、表に出て(出世して)、演奏会で鳴ってくれる事を願っています。

株式会社 シャコンヌ
代表取締役 窪田博和

  シャコンヌホーム
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-CHACONNE ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ