弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
  毛替えについて一考

 

弓の毛替えは、気に入ってもらえて当たり前の修理なのですが、おもしろい経験をしたのでここでお伝えしたいと思います。まずその前に、一概に弓といっても、その性能には様々な要素が含まれています。バランス。音量。弾きやすさ。サイズ。楽器との相性。弾き手の好み。また古い弓であれば変形や修理箇所等々。もしかすると“慣れ”も含まれるかもしれません。

シャコンヌでは、良い弓とは、スティックが強い(かたい)、しっかり振動する。このことを大切な条件の一つとして考えています。ですから当然、その弓が今持っている振動を最大限生かせる毛替えを常に心がけています。

良い弓は、大きな音を出せます。弓の持つ重さとスピードで大きく楽器を振動させることができます。このことは、誰にでもわかりやすく、シャコンヌ展示会などで経験済の方も多いかもしれません。また、オールドやモダン弓だとその時代の製作者の強さと音の特徴がはっきりしています。

しかし修理させて頂くお客さまの弓が、必ずしも100%コンディションが整っているとは限りません。

例えば分数楽器でご兄弟代々使用されている、もともとテンションが弱い、くせがついてしまった状態等でお預かりさせて頂く場合もあります。しかし、その弓が今持っている振動を最大限に生かす毛替えはできるのです。

話が前後しましたが、その経験というのは、新規のお客様ですが「シャコンヌで毛替えしてから音が大きくなって楽に引っかかるし良いが、低音がいつもとちがう」とおっしゃるのです。

毛替えは、最良の状態でお返し出来たので、もしかしたらと思い、楽器を見せてもらえないかお願いしました。すると、永いこと調整していなかった事、もともと低音を十分に鳴らすには弱めの駒で音調整がなされていること、またその方は、今まで全体的に圧力を加えて鳴らしていたことが判明しました。

シャコンヌの基本的な技術を精密に再現できた結果、完璧なものは曖昧な部分に真っ先に反応すること(気づくこと)、修理技術が曖昧な完成度のままのもの同士だと、せっかくの良いものもその良し悪しがわかりづらいのだと経験しました。技術者としては、たかが毛替え、しかし改めて弦楽器を扱う責任の重大さを感じています。(Y.M.)

 


弦の張り替えについて
乾燥剤について
雑音の原因
年月が経つと楽器は軽くなるのか?〜脱、思い込み
楽器の形と音
間違った修復は間違った評価につながる
毛替えについて一考
オールド楽器の修理と復元
駒の傾きをチェックする
スティックの傷
オールドの修復
定期点検の重要さ
楽器の経年変化
オールドイタリーと新作CHACONNEの音響分析
夏の楽器管理のためのアドバイス
毛替えの交換時期と良い毛替えの違い
シャコンヌ製新作ヴァイオリン
駒材の入荷
均質に作られた振動板
シャコンヌの名弓コレクション
楽器の理論が無視された修理
毛替えについて
ネックの角度を調整する修理
音調整について
楽器の修理について
絃が張りにくいとき
アジャスターについて
オールド名器から学ぶこと
定期点検を有効に活用していますか
弓の楔の材料
楽器ケース、楽器の大掃除
毛替えの前に
「弓の消耗」について
絃の巻き方とペグの動かしやすさ
アジャスターによる音響の違い
工房見学のお勧め
よくある補強重視の修理例
E線のサビについて
弦の寿命について
乾燥しすぎにご注意!
張りの強い弦について思うこと
量産品の楽器、音調整でどこまで良くなる?
良い修理とは?
シャコンヌの音調整
魂柱について

  シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ