弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
  オールドの修復

 

工房では、オールドイタリーを修復しています。いずれも300年程前に製作されたものなので、慎重にネックを取り外し、表板、裏板を開いてみると、300年の間になされてきた様々な修理の跡が見えます。ネック継ぎ、割れ、補強のためのパッチ、ハーフエッジ、横板の欠け、等です。また、修理年代の新旧、技術の巧拙など、様々です。それらを一つ一つ見て、必要なのもはやり直さなければなりません。

割れの修理跡はきれいに直されているように見えても、ニカワが古くて、脆くなっている恐れがあるため、古いニカワをお湯でゆるめてもう一度開き、新しいニカワで再修理します。音のためには良くないパッチを取り除き、替わりに薄い和紙を貼りつけていくと、まるで製作されて間もないころのような、すっきりした見栄えになります。

こうして出来るだけオリジナルな状態に戻し、再び組み上げて、当社のオールドクレモナニスによって表面の修復を終え、音を出してみると、修復前とは全く違う、豊かな音がします。ボディ全体が目いっぱい振動していることが実感できます。オールドイタリーは音響的にきちんと出来ていることが再確認できます。(D.O.)

 


弦の張り替えについて
乾燥剤について
雑音の原因
年月が経つと楽器は軽くなるのか?〜脱、思い込み
楽器の形と音
間違った修復は間違った評価につながる
毛替えについて一考
オールド楽器の修理と復元
駒の傾きをチェックする
スティックの傷
オールドの修復
定期点検の重要さ
楽器の経年変化
オールドイタリーと新作CHACONNEの音響分析
夏の楽器管理のためのアドバイス
毛替えの交換時期と良い毛替えの違い
シャコンヌ製新作ヴァイオリン
駒材の入荷
均質に作られた振動板
シャコンヌの名弓コレクション
楽器の理論が無視された修理
毛替えについて
ネックの角度を調整する修理
音調整について
楽器の修理について
絃が張りにくいとき
アジャスターについて
オールド名器から学ぶこと
定期点検を有効に活用していますか
弓の楔の材料
楽器ケース、楽器の大掃除
毛替えの前に
「弓の消耗」について
絃の巻き方とペグの動かしやすさ
アジャスターによる音響の違い
工房見学のお勧め
よくある補強重視の修理例
E線のサビについて
弦の寿命について
乾燥しすぎにご注意!
張りの強い弦について思うこと
量産品の楽器、音調整でどこまで良くなる?
良い修理とは?
シャコンヌの音調整
魂柱について

  シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ