弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
  アジャスターについて

 

ヴァイオリンでは主にE線にアジャスターを付けていると思いますが、レバーを押し下げて調節するタイプの物は、少し注意が必要です。

レバーを押し下げ、てこの原理で絃を引っ張り調節するわけですが、そのレバーが楽器の表板に当たりそうになっていませんか。

アジャスターについて

そのような状態ですと、テールピースに手や物が当たったりした時には、表板に触れたり刺さったりすることになります。また、駒が倒れたりした場合、勢いがついて表板に当たるので「割れ」の原因にもなります。

チューニングの際、アジャスターでの微調整は必要だと思います。しかし写真の状態の様にならないために、たまにご自身の楽器を点検していただき、アジャスターが表板に触れそうな時はいったんゆるめて、ペグで調節しなおしてください。

様々な年代の物を修理しておりますが、テールピースの下(=アジャスターの下)に傷が付いていることがよくあります。目立ちにくいところなので気づかないことも多いようですが、たまに点検をしていただくことで楽器を少しでもいい状態で保っていただきたいものです。

下記画像をご覧ください。主に分数の楽器につけるものです。絃にのっている状態ですが、絃をネジで直接押し下げて張力を調整し、音程を変えられるという仕組みになっています。

アジャスターについて

ただ、このタイプもあまりチューニングをアジャスターだけに頼りすぎると、絃が鋭角に曲がってしまい、傷みます。傷んだ絃はもちろん良い音はなりません。切れる原因にもなるでしょう。

写真の状態の様にならないために、たまにご自身の楽器を点検していただき、アジャスターによって絃が鋭角になっている場合はいったんゆるめて、ペグで調節しなおしてください。

※一度店にお持ちください。全体的な点検とともにアジャスターの調整もさせていただきます。


弦の張り替えについて
乾燥剤について
雑音の原因
年月が経つと楽器は軽くなるのか?〜脱、思い込み
楽器の形と音
間違った修復は間違った評価につながる
毛替えについて一考
オールド楽器の修理と復元
駒の傾きをチェックする
スティックの傷
オールドの修復
定期点検の重要さ
楽器の経年変化
オールドイタリーと新作CHACONNEの音響分析
夏の楽器管理のためのアドバイス
毛替えの交換時期と良い毛替えの違い
シャコンヌ製新作ヴァイオリン
駒材の入荷
均質に作られた振動板
シャコンヌの名弓コレクション
楽器の理論が無視された修理
毛替えについて
ネックの角度を調整する修理
音調整について
楽器の修理について
絃が張りにくいとき
アジャスターについて
オールド名器から学ぶこと
定期点検を有効に活用していますか
弓の楔の材料
楽器ケース、楽器の大掃除
毛替えの前に
「弓の消耗」について
絃の巻き方とペグの動かしやすさ
アジャスターによる音響の違い
工房見学のお勧め
よくある補強重視の修理例
E線のサビについて
弦の寿命について
乾燥しすぎにご注意!
張りの強い弦について思うこと
量産品の楽器、音調整でどこまで良くなる?
良い修理とは?
シャコンヌの音調整
魂柱について

  シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ