弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
  アジャスターによる音響の違い

 

皆さんはアジャスターによって楽器の鳴りが変わることをご存じですか?先日、海外から入荷した新作ヴァイオリンを調整していて、私たちも実感しました。

その楽器は低弦(D線、G線)が全く鳴らず、魂柱や駒をいくら調整しても良くならなくて困っていたとき、E線アジャスターの爪が長く、引っかける位置が高い事に気がつきました。そこで、シャコンヌでお勧めしているゴールドのアジャスターに交換したところ、すべての弦がバランスよく鳴るようになりました。

各弦は駒を頂点として角度がついていますがそこには適正な角度が必要であり、角度が強すぎても弱すぎても楽器のバランスを崩してしまいます。また、どれか1本の弦だけ角度が極端に違ってもバランスが崩れます。アジャスターやテールピース(緒止板)の中には、弦を引っ掛ける爪の部分が非常に高い位置にくる形の物があり、その場合弦の角度が浅くなってしまい振動が魂柱や裏板に伝わらず、楽器がきちんと鳴りません。

今回の楽器の場合は、アジャスターの爪が元のものよりも短いものに変えたことで、E線の角度が深くなり駒への圧力が増し、弦の圧力が駒や魂柱にバランスよく伝わるようになった、という事です。

この様に、アジャスターやテールピースなどの付属品の交換によって、簡単に音の響きが改善される場合もあります。ぜひ、店頭で技術者にご相談ください。

○ 爪の短いタイプ

× 爪の高いタイプ


弦の張り替えについて
乾燥剤について
雑音の原因
年月が経つと楽器は軽くなるのか?〜脱、思い込み
楽器の形と音
間違った修復は間違った評価につながる
毛替えについて一考
オールド楽器の修理と復元
駒の傾きをチェックする
スティックの傷
オールドの修復
定期点検の重要さ
楽器の経年変化
オールドイタリーと新作CHACONNEの音響分析
夏の楽器管理のためのアドバイス
毛替えの交換時期と良い毛替えの違い
シャコンヌ製新作ヴァイオリン
駒材の入荷
均質に作られた振動板
シャコンヌの名弓コレクション
楽器の理論が無視された修理
毛替えについて
ネックの角度を調整する修理
音調整について
楽器の修理について
絃が張りにくいとき
アジャスターについて
オールド名器から学ぶこと
定期点検を有効に活用していますか
弓の楔の材料
楽器ケース、楽器の大掃除
毛替えの前に
「弓の消耗」について
絃の巻き方とペグの動かしやすさ
アジャスターによる音響の違い
工房見学のお勧め
よくある補強重視の修理例
E線のサビについて
弦の寿命について
乾燥しすぎにご注意!
張りの強い弦について思うこと
量産品の楽器、音調整でどこまで良くなる?
良い修理とは?
シャコンヌの音調整
魂柱について

  シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ