弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
  良い修理とは?

 

シャコンヌでは、主に海外のオークションやディーラーとの取引で楽器を仕入れています。仕入れた楽器は全部、修理・調整し直してから商品として店に並べられます。長年使われ続けたり、放置されたりしてきた楽器は、いろいろな問題を抱えており、そのままでは売り物にならないからです。

仕入れた楽器は詳細に点検して必要な修理をおこなうのですが、以前に他でどのような修理がなされていたか、というのはわれわれ修理者にとって大変興味深いものです。多くの修理者の様々な工夫の跡が楽器にはのこされています。しかし残念ながら、これは良い修理がしてある、と感心するようなものはほとんどありません。

では良い修理とはどういうことなのか。それはオリジナルの楽器を損なわない修理のことだといえます。見た目もそうですが、最も重要な点は当然「音」です。そのためにも修理は最小限ですませることが大切です。楽器の形を保つことに一生懸命になってしまい、とにかく頑丈に補強するという修理が多く見受けられます。必要以上に補強をしたり、オリジナルとは異質な材料で修理をしたりすると、楽器の音響のバランスは崩れてしまい、本来の響きは損なわれてしまいます。

楽器本来の音響状態に戻すために、以前修理された部分をすべて取り払ってまた一からやり直さなくてはならない場合もあります。時にはあまりにもひどい修理がなされていて、手の施しようのない場合もあります。……とは言え、実際に手の施しようのない状態、ということはそれほどありません。大抵の物は手間暇をかければ何とかなるのです。でもあまりにも時間がかかりすぎる場合や、修理にかかる手間と楽器の価値が釣りあわない――販売価格よりも修理コストのほうが極端に高くなってしまう――場合には、残念ながら修理されないまま長期間放置されることになってしまいます。

修理は手先の器用さが問われる部分でもあるので、どうしても修理者の自己満足に陥りがちです。確かに難しい修理をうまく(きれいに)やり遂げると気持ちのいいものです。しかし、本当に必要な修理なのか、後世の修理者が再修理のしやすいものなのか、自分にはその修理をする技術があるのか、そして何よりも、その楽器にとって本当にプラスとなる修理なのかを、我々修理者は常に考えなくてはならないのです。(D.O.)


弦の張り替えについて
乾燥剤について
雑音の原因
年月が経つと楽器は軽くなるのか?〜脱、思い込み
楽器の形と音
間違った修復は間違った評価につながる
毛替えについて一考
オールド楽器の修理と復元
駒の傾きをチェックする
スティックの傷
オールドの修復
定期点検の重要さ
楽器の経年変化
オールドイタリーと新作CHACONNEの音響分析
夏の楽器管理のためのアドバイス
毛替えの交換時期と良い毛替えの違い
シャコンヌ製新作ヴァイオリン
駒材の入荷
均質に作られた振動板
シャコンヌの名弓コレクション
楽器の理論が無視された修理
毛替えについて
ネックの角度を調整する修理
音調整について
楽器の修理について
絃が張りにくいとき
アジャスターについて
オールド名器から学ぶこと
定期点検を有効に活用していますか
弓の楔の材料
楽器ケース、楽器の大掃除
毛替えの前に
「弓の消耗」について
絃の巻き方とペグの動かしやすさ
アジャスターによる音響の違い
工房見学のお勧め
よくある補強重視の修理例
E線のサビについて
弦の寿命について
乾燥しすぎにご注意!
張りの強い弦について思うこと
量産品の楽器、音調整でどこまで良くなる?
良い修理とは?
シャコンヌの音調整
魂柱について

  シャコンヌホーム 「ナチュラル」-本来の響きを求めて-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ