弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ピアニッシモ」-シャコンヌのこえ-
  展示会を楽しもう

 

シャコンヌの展示会は当社長の窪田による講演をはじめ、名器や資料の展示、製作の実演、当社の新しい試みの発表など、来店するだけで楽しんでいただけるようにしています。展示会で色々な楽しみ方を見つけてください。

・色々弾いてみよう
一つの楽器ばかり弾いていると、その音との比較だけが善し悪しの基準になってしまいがちです。例えば柔らかい音色の楽器をお持ちの方は明るい音色を硬い音だと感じるかもしれません。逆に明るい音色に慣れていると柔らかい音色が籠ったような音に感じるかもしれません。また好みの基準も人それぞれです。まずは色々弾いてみて客観的な基準を探してみるのも面白いと思います。

・距離を変えて聴いてみよう
近鳴り、遠鳴りなどと言いますが、良い楽器ほど近くでは静かに聴こえるものです。今回はいつもよりも広い部屋を使いますので、近くで聴いてみたり出来るだけ離れて聴いてみることにより、その楽器の違った側面が見えてくると思います。また土曜、日曜は反射音の多いエレベーターホールを使用することも可能です。

・人の音を聴いてみよう
「ストラディヴァリを鳴らすのは難しい」と言われるように楽器によって鳴らし方は全く異なります。普段の自分の弾き方だけで判断するのではなく一度手を止めて人の音に耳を傾けてみてはいかがでしょう。良い音を出している人がいれば直接意見を聞いてみるのも一つの交流手段として面白いかもしれません。

・同じ作家で比べてみよう
同じ作家の作品でも時代によっての作風の違い。コンディションの違いなどで印象は全く異なります。あの作家はこういう特徴だと決め付けるのではなく、一つ一つの作品として見てみると新しい発見があるかもしれません。また資料も豊富に取り揃えていますのでご自由にご覧いただけます。

・講演を聞こう
窪田の講演は毎回即興に近い形で行われています。弦楽器業界の裏話や私達も初めて聞く話も多く、お客様の中には驚かれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は「ヴァイオリンと科学」というテーマになっています。楽器の世界には迷信のような話が沢山ありますが、そういったものにとらわれない科学的な視点からどんな話が飛び出すでしょうか。

シャコンヌの展示会では販売だけでなく、弦楽器の面白さをより多くの方々に理解していただけるように企画されています。また私達にとっても多くの情報交換が出来る良い勉強の機会でもあり楽しみにしています。皆様のご来場を心よりお待ちしております。(T.M.)

 


楽器のコンディションを整えましょう!
緊急でヴァイオリンをお貸ししました
古くなった方が音が良くなるのか
技術の継承
良い音のために、楽器の豆知識
職人の仕事について
昔の名ヴァイオリニストのDVD
知って得する!弓の見方 その2
知って得する!弓の見方 その1
楽器から教えられる
オールド楽器のレンタル
心の継承〜お伊勢参り
18年ぶりにレッスンに
工房見学も歓迎しています
トッププレイヤーを支える仕事
正しく聞き、正しく伝えるということ
展示会にお越しいただきたい訳
楽器から学べること
楽器選びの着目点
直接体験の大切さ
演奏、武術、スポーツの共通点
ヴァイオリンのニスはなぜ美しいのか
美とは
ドイツやフランスのモダン楽器
展示会を楽しもう
新しい価値観
みるということ
ストラディヴァリウスは、現代のヴァイオリンと大差ない?
弓の選び方
下取りについて
弦楽器の専門店とは
ストラディヴァリが偉大なのは
マウントと材質〜ギョーム氏との話
楽器の製作本数
為替レートと楽器の価格
オークションについて
コレクションについて
楽器の価格について
鑑定書について
楽器はいつまで使えるのか?
ストラディヴァリの再現の研究
ストラドのチェロを改めて弾いて
体に合ったヴァイオリン、ヴィオラ
物事を正しく伝えるということ
本物に触れる感覚
楽器ケースの大掃除
技術を公開する理由
弓の持ち方について
楽器と弓はどちらを先に選んだらよいのか?
楽器のレンタルについて
なぜ専門店で購入するべきなのか
インターネットオークションで楽器を購入する事について
インターネットとヴァイオリン
材料の枯渇
オールド分数を弾いてみてください
セカンドボウのすすめ
道具へのこだわり
心の共鳴
経験の蓄え
プレーヤーと技術者
木のいのち
性能の差が出る弾き方
楽器が店頭に並ぶまで
音楽ができる音
シャコンヌ音楽祭2007によせて
心に響く美しい音を探して
リベート制度
楽器本来の役割
楽器の実力による違い
オープンな店

  シャコンヌホーム 「ピアニッシモ」-シャコンヌのこえ-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ