弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 「ピアニッシモ」-シャコンヌのこえ-
  下取りについて

 

弦楽器の世界では、手元にある楽器を楽器店にいくらかで引き取ってもらって、その分安くより良い楽器を手に入れる「下取り」というシステムがあって、分数楽器のサイズアップの時や、グレードアップの時にこのシステムを利用する事は、ある程度当然の事とみなされているようです。

なぜこのようなことが可能かというと、造りの良い楽器の寿命はとても長いので、楽器店は引き取った楽器を再び修理、調整して販売する事が可能だからです。(当然、その様に修理して長く使うことが難しい楽器、もしくは修理にかかる手間と楽器の値段や実力が見合わない量産楽器などは、下取りをすることが出来ません。量産楽器の下取りをおこなっている楽器店もあるようですが、良い状態で次の方へ販売する事は難しいので、シャコンヌではおこなっておりません。)

この下取りについて、時々耳にする話があります。例えば楽器を購入した時に「この楽器はとても良い楽器だから、下取りに出す時はお買い上げいただいた値段で引き取ります。」と言われた、という事など。

一見、とてもお得なように思えるしそれなら買っておこうかな、という気になりそうですが、楽器店にとっては、下取りした楽器を次に店頭に並べる為には、修理、調整をし直す手間もかかり、その経費や税金等を上乗せして前回より高い値段を付ける訳にもいきません。ですからその様な話は楽器店にとっても商売である以上、本来ありえない話です。このような時には、新たに買い換えたより良い楽器の値段にその分が上乗せされていると考えられます。

本来ならば下取りの金額は消耗したり傷んだりした分、下がるのが普通です。また、車の場合、いったん売買契約を結んだら殆ど乗らずにすぐ下取りに出しても驚くほど低い評価額になると聞いた事がありますが、楽器の場合でもそこまでではないにしても近い事が言えます。

下取りが出来るという事自体や引取りの値段の販売価格に対する掛け率についても、保証されている訳ではありません。良い楽器、弓でも傷みの度合いやその時の相場、また、世界情勢等によっても影響を受ける事もあります。また弓は楽器と比べると傷みやすく、修理が効かないことが多いので楽器と同列に扱う事は難しいようです。

また、楽器ならばある程度希望額より安くなっても、必要な時にいつでもお金に変えられるから資産として持っておこうと考えている方もいるようです。しかし下取り(買い取りも含めて)は楽器店のご購入いただいた方へのアフターサービスに類するものなので、ご購入されたお店で満足な答えが得られなかった場合、他の楽器店や個人に売る、というのはなかなか難しいかもしれません。楽器も一般的に思われている程、簡単にお金に換えられるものではないと思います。いずれにしても楽器は資産としてではなく、音楽を奏で、楽しむ道具として持つ方が自然であり、後々後悔も無いのではないかと思います。(T.S.)

 


楽器のコンディションを整えましょう!
緊急でヴァイオリンをお貸ししました
古くなった方が音が良くなるのか
技術の継承
良い音のために、楽器の豆知識
職人の仕事について
昔の名ヴァイオリニストのDVD
知って得する!弓の見方 その2
知って得する!弓の見方 その1
楽器から教えられる
オールド楽器のレンタル
心の継承〜お伊勢参り
18年ぶりにレッスンに
工房見学も歓迎しています
トッププレイヤーを支える仕事
正しく聞き、正しく伝えるということ
展示会にお越しいただきたい訳
楽器から学べること
楽器選びの着目点
直接体験の大切さ
演奏、武術、スポーツの共通点
ヴァイオリンのニスはなぜ美しいのか
美とは
ドイツやフランスのモダン楽器
展示会を楽しもう
新しい価値観
みるということ
ストラディヴァリウスは、現代のヴァイオリンと大差ない?
弓の選び方
下取りについて
弦楽器の専門店とは
ストラディヴァリが偉大なのは
マウントと材質〜ギョーム氏との話
楽器の製作本数
為替レートと楽器の価格
オークションについて
コレクションについて
楽器の価格について
鑑定書について
楽器はいつまで使えるのか?
ストラディヴァリの再現の研究
ストラドのチェロを改めて弾いて
体に合ったヴァイオリン、ヴィオラ
物事を正しく伝えるということ
本物に触れる感覚
楽器ケースの大掃除
技術を公開する理由
弓の持ち方について
楽器と弓はどちらを先に選んだらよいのか?
楽器のレンタルについて
なぜ専門店で購入するべきなのか
インターネットオークションで楽器を購入する事について
インターネットとヴァイオリン
材料の枯渇
オールド分数を弾いてみてください
セカンドボウのすすめ
道具へのこだわり
心の共鳴
経験の蓄え
プレーヤーと技術者
木のいのち
性能の差が出る弾き方
楽器が店頭に並ぶまで
音楽ができる音
シャコンヌ音楽祭2007によせて
心に響く美しい音を探して
リベート制度
楽器本来の役割
楽器の実力による違い
オープンな店

  シャコンヌホーム 「ピアニッシモ」-シャコンヌのこえ-
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ