弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌホーム 弦楽器販売
  お勧め楽器

商品については、最寄りの店舗へお電話にてお問い合わせ下さい。

名古屋店
TEL:052-202-1776

東京吉祥寺店
TEL:0422-23-1879

金沢店
TEL:076-221-1779

九州小倉店
TEL:093-531-2672

札幌店
TEL:011-221-2561

シャコンヌで特にお勧めできる楽器・弓をご紹介します。ご試奏ご希望の方は、最寄りのシャコンヌ各店へお問い合わせください。


カルロ・アントニオ・テストーレCarlo Antonio Testore ミラノ 1741年

テストーレ家はグランチーノ家と並ぶミラノの古くからの製作家の家系で、このカルロ・アントニオ(1693-1765)は父カルロ・ジュゼッペから製作法を継承しました。テストーレ家のスタイルはグランチーノ家と同様、1500年代後半から1600年代のクレモナ派のアマティやブレシア派のマッジーニやサロの影響も大きく受けたようです。この楽器のニスはゴールデンブラウンで、パフリングは太い材を使用している点や、スクロールに節のある楓材を使用し、裏側の彫りがなく仕上げられているという点などもテストーレ家の特徴として挙げられます。

   
写真をクリックすると拡大します

パオロ・カステロ Paolo Castello ジェノバ

ジェノバの18世紀半ばころの代表的な製作家の一人。美しい材料を使った楽器で、たっぷりとしたアーチ、小さなf字孔、パフリングの体裁が大胆なところが特徴。板の強度バランスが整っており、大変良く鳴ります。素直で素朴な音色で軟らかく響きます。

5,500,000円(税抜)

   
写真をクリックすると拡大します

ルイジ・アゾーラ Luigi Azzola トリノ 1939年

ガルネリ・デル・ジェス モデル。コンディションは良好。良く響く構造を意識して作られているため、非常に音が良い。あまり知られている製作家ではないが、同時代の有名な製作家のものと比べても音が良く、値段も安く、お勧めのモダンイタリー。

3,500,000円(税抜) 売約済

   
写真をクリックすると拡大します

フランツ・ガイセンホーフ Franz Geissenhof ウィーン 1817年

ガイセンホーフはウィーンのストラディヴァリと言われています。ウィーン・フィル・ハーモニー管弦楽団が長年ガイセンホーフを使用してきたことで有名です。この楽器も大変美しいアーチが印象的な楽器です。楽器の構造もストラディヴァリの様に均整がとれており、優美で力強い音がします。

2,800,000円(税抜) 売約済

   
写真をクリックすると拡大します

フランチェスコ・ゴフリラ Francesco Goffriller ヴェニス

18世紀前半のヴェニスの製作家。有名なマッテオとは兄弟であり助手でもありました。文献によると、スクロールやパフリングなどの細かい装飾はあまり得意ではなく、決して器用な人ではなかったようですが(有名な『Universal Dictionary 』には、これ以上ないというほどひどい書かれ方をしている。)、オールド・イタリーに共通する製作理論に従って作られているため、音は非常に良い。長い製作期間にもかかわらず現存する数が少ないのは、マッテオの楽器にかなりフランチェスコの手が入っていることが推定されます。このヴァイオリンは美しいヴェネチアン・レッドのニスが残っており、音も上品で、フランチェスコ・ゴフリラの良質のサンプルといえます。

7,000,000円(税抜) 売約済

   
写真をクリックすると拡大します

名弓コレクション

シャコンヌでは、歴史に残る楽弓製作家の作品の中でも、金・べっ甲・象牙などを使用した希少品や、製作当時の状態を留める良品・美品を数多くコレクションしてまいりました。その名弓コレクションの中から一部を展示、販売致します。コレクターズ・アイテムとして最高の一品をぜひご覧下さい。


エミール・ウーシャ Emile Auguste Ouchard(1900−1969)

父エミール・フランソワのもとで弓製作を学び、製作をしていましたが、1922年にパリで工房を構えました。その後1946年にニューヨークに活動の場を移し、主要ディーラーと契約し弓の製作に没頭しました。1960年にはフランスに戻りその後のフレンチボウの製作家に大きな影響を与えました。
重さを感じさせない明るい音のする弓で、腰が強く大変状態が良いです。

フロッグ:金黒檀  重さ57.0g ラッピング:金

2,500,000円(税抜)

 
写真をクリックすると拡大します

ユージン・サルトリー Eugene Sartory

シャルル・ペカット、アルフレッド・ラミーの元で技術を磨く。20世紀最高の楽弓製作家とされ、その後の製作家ほとんどすべてに影響を与える。生前から非常に有名で、ジャック・ティボーのオーダーで製作する弓も存在する。この弓は中期の作品で、金べっ甲を用いた非常に美しい作品。

フロッグ:金べっ甲  重さ60.5g  ラッピング:金糸  

6,000,000円(税抜)

 
写真をクリックすると拡大します

アンドレ・リショーム Andre Richaume Gold/tortoiseshell

エミール・ウーシャー工房で学んだ後、伯父ヴィクター・フェティークの元で働いた。独立後、もう一人の伯父ジュール・フェティークやユージン・サルトリーのスタイルに近づいていく。ダビッド・オイストラフもリショームの弓を使用していた。製作家自身が残した記録によると、金べっ甲を使用した弓は60本で、そのうちの一割をシャコンヌでコレクションしている。

各 4,000,000円(税抜)

フロッグ:金べっ甲  重さ62.5g ラッピング:金
 
フロッグ:金べっ甲  重さ60.0g ラッピング:くじらひげ
 
フロッグ:金べっ甲  重さ64.0g ラッピング:金
 
写真をクリックすると拡大します

 

  シャコンヌホーム 弦楽器販売
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-CHACONNE ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ