弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
  シャコンヌホーム
シャコンヌ秋の展示会のご報告
 
多くの方にご来場いただき有難うございました。終了した展示会の様子をご報告いたします。
 
12月16日(金)〜18日(日)福岡ファッションビル8F Bホール

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

 

12月16日〜18日の間、福岡ファッションビルにおきまして、展示会を行いました。今回初めて12月の開催でした。年の瀬がせまり、また定期演奏会などの忙しい時期でもあったと思いますが、たくさんの方がお越しくださいました。

他の会場同様クレモナ・モンドムジカに「新作シャコンヌ」を出展してきた様子を、写真やビデオ映像などで、ご紹介いたしました。ルカ・ファンフォーニ氏(来年の「新作シャコンヌ」を使用したコンサートで指揮・独奏をされます。)が、会場で強く太い音で試奏し、ご自身が使用される楽器を選ぶ様子も見て頂けたかと思います。

恒例の社長窪田の講演では、「オールドイタリーは板の強さが均一に作られているからこそ、よく共鳴し大きな音がする」ということを、これまで、ピンポン玉を弾ませて説明することもありました。ピンポン玉の厚みは薄く均一に作られているので、机に落とした時に、ポーンポーンポーンと規則的に弾みます。

今回は、表面に樹脂を部分的に塗り重ね、非均一にしたピンポン玉を用意し、試してみました。そうすると、若干でしたが、弾み方が不規則になりました。もう少し厚めに塗り重ねたりして、より非均一さをはっきりさせると、もっと弾み方も不規則になり、すぐコトコトッと止まってしまうのではないかと予測できます。(皆さんも試してみてください。)つまり、楽器も板の強さが非均一に作られていると、振動が不規則になり、減衰するのも早いと考えられます。

オールドイタリーや、同様に製作した「新作シャコンヌ」は、板の強さがほぼ均一なため、よく共鳴・振動しよく鳴るということがイメージとしてお分かりいただけたのではないかと思います。

定期演奏会を終えたばかりの学生さんもたくさん来られましたが、会場でその演奏会の曲の即興アンサンブルが始まりました。様々な楽器で弾いていましたが、新作シャコンヌのヴァイオリンやチェロが含まれていたおかげか、他の楽器の音をも溶け込ませ、音質に統一感が生まれる感じがしました。

さらに、弾かれている位置とは逆の壁際、または会場の外で、他のお客様と一緒に聴いてみると、特に新作シャコンヌの音色が様々なところに反射した音が、時間差を生じつつ広がるため、更にフワーッと空間を包み込むように音楽が流れてきて非常に美しかったです。

来年の新作シャコンヌを使用したコンサート、「ルカ・ファンフォーニとレアーレ・コンチェルト」は、響きの良い演奏会用ホールで行います。絨毯敷きで低い天井の展示会場でもこれだけの音なのに、演奏会用ホールでは、どれだけ美しい音楽が聴けるのでしょうか…と思うと私たちも寝られなくなるくらいです。

演奏会は、全国7か所にて開催しますので、ぜひ聴きにお越しください。

 
12月9日(金)〜11日(日)ツインメッセ静岡西館 第一小展示場

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

 

 

静岡展示会は12月9日(金)から11日(日)の3日間、ツインメッセ静岡の西館第1小展示場において開催いたしました。

修理・調整のお客様が多くご来場くださいましたが、中でもこの1〜2年の間に新作CHACONNEをお買い上げいただいた方が多かったのは印象的です。ニスや木材が酸化により強くなり、楽器本体と駒や魂柱とのバランスが崩れかけていたものなどを、社長の窪田が極めて短い時間で整え直していきました。窪田曰く、製作の段階で完璧にしてあるので、現時点で不具合があっても確信を持って原因を見極め、最短時間で直すことが出来るとのことでした。受け取ったお客様は、購入された時以上に新鮮な喜びを感じていらっしゃるようでした。また、クレモナの「モンドムジカ」への出品作ほか、最新作も試奏していかれましたが、皆さんご自身の楽器が一番気に入っているようです。

恒例になりました窪田による講演は『音の美しさについて』という演題で土・日に行いました。途中、オールドイタリー・ヴァイオリンとモダンイタリー・ヴァイオリンの表板側と裏板側を交互にお客さまに向けて4本の弦をはじき、どのように聞こえるかという実験をしました。表板側ではどちらも輝かしい音がしたのですが、裏板側においてはまったく違う結果となりました。オールドイタリーは表板側とほとんど同様の音がしましたが、モダンイタリーはくぐもった鈍い音しか聞こえませんでした。これまでにも良い楽器は表板と裏板が共鳴すると説明がありましたが、この実験はそれが最も明確に確認できる方法でした。お客様もとても納得された様子でした。

また、はじいている本人には違いがよくわからないということでしたので、後で私も試してみましたが、自分自身ではまったくわかりませんでした。遠鳴り、近鳴りなどと言われますがこのような現象を知らないと楽器の力を見誤ってしまう可能性が高く、表板に耳を寄せて演奏するヴァイオリンやヴィオラでは尚更だと考えられます。「美しい」、「気持がよい」と感じられる音は自然の中に存在し、同様に振動しやすいよう自然の摂理にかなったように作られたものは「美しい」音を発することができます。来年のルカ・ファンフォーニ&レアーレ・コンチェルトのコンサートは、リズムやメロディー以前に十数本の楽器が織りなす響きそのものが聴衆を感動させるのではないかと想像しています。是非、多くの方々に聴いていただきたいと思います。

 
12月3日(土)〜4日(日) 金沢流通会館(金沢問屋センター)

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

12月3日(土)・4日(日)の二日間、金沢流通会館(金沢問屋センター)にて展示会を開催しました。二日間とも雨模様で風も強くあいにくの天候で、また会場が金沢駅から離れているため、お客様に来ていただけるか心配しておりましたが、この会場も回を重ねてきて、ある程度認知していただけている様子で、多くの方にご来場いただきました。雨の中来ていただきました皆様には、誠に有難うございました。

展示内容としては、10月に3年連続で出展したモンドムジカ(毎年クレモナで行われている弦楽器見本市)の様子をパネルやテレビで上映し、実際に出品した楽器も展示したコーナーや、オールドコーナーではストラド、ガルネリなどのクレモナ派、ピエトロ・ガルネリ、ゴフリラ―などのベニス派を展示しました。今回ピエトロ・ガルネリは3台展示しましたが、その内の1台は9月に修復が終わったばかりで、新たにコレクションに加わり、来年のカレンダーにも載せた楽器で、お客様の注目を集めていました。また、お値打ちな価格帯の楽器も数多く展示し、今後買い替えを予定している方や、前回来場され、今回の展示会では是非購入したいと楽しみにされていた方など、多くの方にご紹介することが出来ました。

社長の窪田による「音の美しさについて」の講演会では、耳で聴いて美しいと感じる音とは、波の音や、小川のせせらぎ、鈴虫の声など、自然の音で、振動しやすいものが無理せず鳴っているものを美しいと感じる、との話から、弦楽器の美しく響く音の出し方は、右手のボーイングで手首はしっかりと固定し、指先は軽く持つ感覚を、ワイングラスに水をいれて濡らした指先でグラスのふちをそっとなでると音が出るグラスハーモニカ(グラスハープ)を例えに、その感覚との共通点や、LPレコードプレーヤーのアームの仕組み、動きが弓を持った腕のボーイングの動き方と共通していることなど、例を交えながら解りやすく解説しました。何度もうなずきながら、熱心に社長の講演を聴いているお客様の姿が印象的でした。

二日目の講演では、途中より北陸放送のテレビ局の取材も来て、講演会の様子やその後の皆様が試奏している様子などをテレビカメラで撮影していて、慣れないテレビカメラを前に、緊張した面持ちで演奏している方もいらっしゃいました。初日よりも多くの方にご来場いただき、大変賑やかな展示会となりました。

金沢店では、春の富山展示会より、この金沢展示会終了までの期間シャコンヌ金沢店25周年記念セールをしてまいりましたが、皆様のおかげで無事終了することができました。期間中にご利用いただきました皆様には誠に有難うございました。これからも様々な企画や、良い楽器をご紹介し、より良いサービスと、より一層の技術の向上を目指していきます。

 
11月25日(金)〜27日(日) 札幌総合情報センター メディアMIXホール

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

今回の札幌展示会は11月25日(金)〜27日(日)、札幌総合情報センター、メディアMIXホールで開催いたしました。10月にクレモナで開催されたモンドムジカ出展の様子の報告、円高還元価格のモダンイタリー、オールドイタリー、ピエール=ギョーム氏の弓のコレクションの展示、社長の窪田による講演など、目玉の多い展示会となったように思いますが、いかがでしたでしょうか。寒い中ご来場いただいた方々、本当にありがとうございました。

毎度の事ですが、札幌の展示会はチェロやヴィオラの展示も充実させようと意識しており、今回もその甲斐あってか、チェロやヴィオラを見に来られる方々も多い様子でした。今後もこれらの展示には力を入れていこうと思います。

また、いつにも増して新作楽器‘シャコンヌ’に好評を頂いた展示会でもあったと思います。多くの方がオールドイタリーやモダンイタリー、モダンフレンチなど様々な楽器と弾き比べ、その類似、相違についてそれぞれに納得されていたのが印象的でした。「自分が探している楽器の予算よりずっと上だけど、でも絶対こっちの方がいい。」と考え込む方や「自分に楽器ごとの音の違いがわかるのか不安だったが、まさかこんなにも違うとは。」と驚く方もいて嬉しく思うと同時に、様々な楽器を弾き比べてみる機会としてより多くの方に展示会を利用してもらいたいとも感じました。

社長の窪田による講演「音の美しさについて」は、テーマは全会場共通ですが触れる内容はそれぞれ少しずつ異なっており、札幌での講演はいろいろなものを例にとって実際にその場で試しながら話を進めていきました。特に「裏板と表板が同じ様に振動する楽器」と「表板の方が振動する楽器」を来場者の方のほうへ裏板を向けて弦をはじいた場合と、表板を向けてはじいた場合を聞いてもらい、それによって遠鳴りの説明を進めていったところでは、お聞きになっていた方々も新鮮な驚きを感じていた様子でした。

今回の会場は残念ながら来年の三月で閉鎖されてしまうため、次回からはまた異なる会場での開催となります。会場は未定ですが、より多くの方に興味を持ってご来場いただける展示会にしていきたいと考えておりますので、今回、都合がつかなかった方も次回の展示会ではぜひ、ご来場いただければと思います。

 
11月18日(金)〜20日(日) シャコンヌ名古屋店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

11月18日から3日間、名古屋展示会を開催しました。
開催前は3日間とも雨の予報になっており気を揉みましたが、幸運にも最終日は晴天に恵まれました。初日あいにくの大雨の中でも多くの方にご来場いただき、大変うれしく思いました。期間中ご来場いただいた皆様、有難うございました。事前に募集させていただいた皆様からの『楽器の絵』を入口に展示させていただきましたので、華やかな雰囲気でお迎えできたのではないかと思います。

3階には、手頃な価格帯のモダン楽器、新作楽器、ヴィオラ、弓(新作〜モダン)、分数楽器を展示しました。今回は分数オールド・ヴァイオリンのスペースを広めに設け、いつもより多くの楽器を御紹介しました。お子様に小さいうちから良い音をとお考えの皆様に、オールド・ヴァイオリンを弾き比べていただきました。
イベント「チャレンジ!ヴァイオリン修理」のコーナーには、小さいお子様から大人まで、幅広い層の方に参加していただき、連日賑わいました。ご参加の皆様がとても真剣に取り組んで下さったので、工房スタッフたちの説明にも熱がはいり、盛り上がっていました。また、実際に修理をしている様子を間近で見ていただくために、工房内も自由に見学していただきました。普段あまり知ることのない楽器の構造や、メンテナンスの仕方などを見ていただきました。

2階ではチェロと、オールド、モダン・イタリーの楽器、新作シャコンヌを展示しました。イタリーの楽器は、円高還元特別価格にて御紹介しました。また、10月にクレモナ(イタリア)で開催されたモンド・ムジカ(国際的な弦楽器見本市)出展の様子をビデオ上映と、写真などを展示して御報告しました。イタリアでは有名なプレイヤーの方々に、新作シャコンヌがオールド・イタリーと同じくらい優れているということ、比較で展示したオールドの調整がすばらしいということなど、多くの賞賛の言葉をいただきました。名古屋の展示会でも、オールド・イタリー(ガスパロ・ダ・サロ〈ヴァイオリン〉、マッジーニ〈チェロ〉)と新作シャコンヌを弾き比べていただくことで、音色の美しさやパワー、性能の高さを実感していただけたのではないかと思います。

11階では、クレモナ派、ヴェニス派のオールド・ヴァイオリン(レンタル用)と、貴重なフレンチ・ボウの数々を展示しました。新作シャコンヌの最新作や、バロック・ヴァイオリンも展示しました。奥では、社長の窪田が新作シャコンヌを製作しており、板の音程を聞きながら板を削ったり、ニスを塗ったりしている姿を間近で御覧頂きました。土日に開催した窪田の講演『音の美しさ』も多くの方が熱心に聴いて下さって、楽器に対するシャコンヌの考えを知っていただく機会になりました。

展示会はご都合がつかなかった方、普段でも楽器修理や製作の様子は御覧いただけますので、いつでもお越し下さい。

 
11月11日(金)〜13日(日)シャコンヌ東京吉祥寺店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

11月11日から13日まで、東京吉祥寺店にて東京展示会を開催いたしました。土日はお天気にも恵まれ、たくさんの方にご来店いただきました。

今回の展示会では、モダンイタリーをより皆様が見やすい位置に置きました。見直し、適正な価格になったモダンイタリーヴァイオリンのお求めやすい価格とその質には、多くの方が驚いていらっしゃいました。

大部屋では春と同じく、レンタル用を含むオールドの楽器と新作CHACONNEを展示しました。今年のモンドムジカの報告も展示しており、オールドイタリーと新作CHACONNEを弾き比べているイタリアのプレイヤーの方々の映像を見ていただきました。同じように弾き比べ、同質の鳴り方をしていることを体験していらっしゃる方も大勢おられました。

社長の窪田の講演では、美しいと感じるものとは自然なものであるのではないかという切り口から、美しい音とは、ピンポン玉のように均一で自然な跳ね方、すなわち自然に均一な振動をする構造のものから生まれるものであることが話されました。しかし、現代では自然な状態であるはずのものに人工的な歪みが加えられたものに価値をつけてしまい、耳にする現代人もそうした歪んだ状態の音をも美しいと感じているようになってしまっているのではないか、とのことです。

また、シャコンヌでは、自然で美しい音を組み合わせ、奏でるための発音体として作られたヴァイオリンから音を引き出すための駒の作り方自体も、より自然で美しい音を引き出すために進化を続けております。今回の展示会期間中にも、シャコンヌのコレクションにあるピエトロ・ガルネリが窪田の手によって新しい駒が作られ、さらに美しい音が出るようになりました。

歪みがない、自然な状態をよく見極める感覚と技術がなければ、ストラディヴァリやガルネリが作り上げた良いものを維持することすらできないものであり、研鑽を続けなければならないと感じさせられる展示会となりました。

 
10月28日(金)〜30日(日)岡山国際交流センター8F イベントホール

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

2011秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

10月28日から3日間、岡山国際交流センターで展示会を開催しました。

10月初めクレモナで行われたモンドムジカに、この度3年連続で出品した際の様子をビデオで見ていただきながら、新作シャコンヌを試していただきました。音にクリアさが増した“シャコンヌ”。充実した響きに引き込まれた方も多かったようでした。

高級展示楽器は、来年のカレンダーとなるピエトロ・ガルネリ(ベニス)やロジェーリ(ブレシア)などのオールドヴァイオリン、ファニョーラ、F.ガダニーニなどのモダンイタリーを同じ特色を持つグループに分け、同時代、同地区にどんな作曲家や演奏家が活躍していたかなど、楽器と音楽家の関係やつながりを少し探っていただけたのではと思います。

“音の美しさについて”の講演会では、長年社長の窪田がヴァイオリンディーラーとしてヨーロッパ各地から目で見て仕入れ、自身で多くの高級楽器の修理をしているうちに、製作家の考え方、思想も理解できるようになったこと、ヴァイオリンが発明される以前から当時の製作家は音に対しての追求があったが、ストラド、ガルネリを境にいい音のする楽器が急速になくなってしまったことを、様々な年代や様々な国の楽器修理を通して痛切に感じていることについて話しました。

美しい音のする楽器は自然に音が出る、軽く振動するなど言葉にして言えば極めて当たり前なことであるが、そういった考えで板の削りや白木の時の表面の研磨、ニス塗りが施されているのがオールド楽器であることなどその場で実験をしてどのように違うかを見ていただきました。そのノウハウで作られた“シャコンヌ”を使用した演奏会を来年5月11日(金)岡山シンフォニーホールで開催しますので、弦楽器の本当に豊かな響きを堪能していただけます。

デモンストレーションでは今回ガルネリ型のヴァイオリンを削るところをご覧いただきました。ガルネリ型とストラディ型を比較したとき、板をたたいた時の音程がどこも同じになるように削る場合、アウトラインが違うのでストラディ型に比べてガルネリ型は平たいアーチになり板厚が厚めになることを実演しながら説明しました。

修理、調整は夏場、汗や湿気で弦が錆びていたり、ガサガサになっている方が多かったです。今回弦が全て40%オフでしたので多くの方がお買い求めになりました。ペグやアジャスターが硬かったりナットの溝が滑りにくかったりしている楽器が多かったようです。お客様ご自身でも出来る簡単なメンテナンスを当ホームページ上でもご紹介しておりますので是非とも実践してみてください。展示会を年2回の定期点検の機会にされている方の楽器の状態はどの楽器も調子がいいようです。年末のコンサートや発表会でより良い音で弾いていただけると思います。

楽器のサイズアップを考えている方やランクアップをご希望の方は、ご自身で試し弾きをしていただきながら、ご予算についてや、音色の好みなどのご相談を承りました。

 
 

  シャコンヌホーム
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ