弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
  シャコンヌホーム シャコンヌ秋の展示会
2007秋展示会(弦楽器フェア) - シャコンヌ ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽器専門店
シャコンヌ秋の展示会のご報告
 
多くの方にご来場いただき有難うございました。終了した展示会の様子をご報告いたします。
 
12月14日(金)〜16日(日)札幌コンベンションセンター201・202会議室、小ホール

札幌展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

12月14日(金)から16日(日)まで、札幌コンベンションセンターで開催された札幌展示会は、雪の降りしきる中、とても多くの方々にご来場いただき、盛況のうちに終える事が出来ました。ご来場いただいた方々、有難うございました。14日は平日でもあり、雪の影響やJR線が止まってしまった事も影響してか、比較的静かな初日となりましたが15、16日は多くの方にお越しいただき、シャコンヌの音についての考え方(共鳴について)や展示している楽器についてご説明させていただくのに会場にいた社員一同、フル稼働でした。

今回の展示会は、販売開始となったオリジナル楽器‘CHACONNE’の展示紹介スペースを目玉としてセンターに置き、オールド名器、コレクション弓のスペースを広めに取りました。そして、楽器をお探しに来られる方のご要望が多い価格帯の楽器を近くにまとめて展示するようにし、弓も一箇所にまとめました。また、一台一台の楽器の良さが判りやすいように展示方法も工夫致しましたが、いかがでしたでしょうか。

ご案内のパンフレットにストラディヴァリのチェロがあった為か、チェロのお客様が例年にも増して多くご来場され、展示されていた十台程のチェロの他、そのストラディヴァリの「これは本当にチェロなのか?」というような音も体感していただきました。多くの方がこの楽器の音に強い衝撃を受けたようでした。チェロの名器はヴァイオリンよりもさらに目にする機会が少なく、多くの方にご紹介できてうれしく思いました。次回の展示会でも、チェロの展示にはより力を入れて行きたいと考えています。

楽器をお探しの方にも数多くご来場いただき、良い機会としてご利用いただけたと思います。楽器自体の良さは勿論、調整や湿度、温度等、良い状態でご紹介できたせいか、その場で気に入った楽器に出会う方が多かったように思います。また、シャコンヌの展示会は楽器を探す良い機会であると同時に、シャコンヌという楽器店について、楽器や弓についてより深く知る機会でもあります。次回の展示会でもご来場いただいた方々のお役に立てるよう、準備していきたいと思います。次回の札幌展示会は6月、シャコンヌ札幌店からすぐ近くのきょうさいサロンで開催予定です。

 
12月1日(土)〜2日(日) 金沢流通会館(金沢問屋センター)第2・第3小ホール

金沢展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

金沢展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

去年同様、金沢流通会館(金沢問屋センター)にて、金沢展示会を開催しました。いつもご来場くださる常連のお客様に加え、ホームページなどをご覧になりシャコンヌに興味を持ち、初めてご来場いただいたという方も含め、約70組の方にご来場いただきました。

今年は特に学生オケの方にたくさんご来場いただきました。団体で来られていたので感想を言い合いながら様々な楽器を弾き比べていました。特にガルネリ・デルジェス、ガダニーニのヴァイオリン、ストラディヴァリのチェロを始めとするオールド楽器を弾いた後でシャコンヌの新作オリジナル楽器を弾き、新作とは思えないほどの響きのよさに驚かれていた様子でした。

各価格帯でよい音の楽器が取り揃えられているので、楽器を探されていた方は良いものを見つけることができたようです。楽器を素直に鳴らし、良い音に感動している様子を見て我々も非常に嬉しく感じました。

今回は楽器が「共鳴」するということを、修理途中の楽器や修理に使う木材や駒など実物を実際に叩いて体験できるように展示しました。また様々な時代の楽器を実際弾くことができるので、どのようにしてオールド楽器ができているか、シャコンヌがどのような考えで修復・調整を行っているか、発見した理論をどのように新作オリジナル楽器に取り入れているのかということを体験していただけたのではないかと思います。

普段のお店でも展示会でご説明したような修理や調整を行った楽器を取り揃えております。期間中に来ることができなかった方、初めてこられた方はぜひお店にもおいで下さい。

 
11月23日(金)〜25日(日) シャコンヌ名古屋店

名古屋展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋会場では、2階、3階、11階と3フロアを贅沢に使い、普段店頭でお伝えしきれないシャコンヌを知っていただけるよう、工夫をこらして展示しました。展示会の様子は、名古屋店スタッフよりのページをご覧下さい。

名古屋店スタッフより

 
 
11月16日(金)〜18日(日) シャコンヌ東京吉祥寺店

東京展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

東京展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

11月16〜18日の三日間、東京吉祥寺店にて展示会を行いました。前日からグッと寒さが増していたにも関わらず、大勢のお客様が開店と同時に来店されました。

展示会のテーマは「共鳴」ということもあり、共鳴にこだわって作られた当社のオリジナルヴァイオリンをメインに展示を行いました。モダンイタリーのハンニバル・ファニョーラ。ガルネリ・デル・ジェスを始めとするオールドイタリー等と熱心に弾き比べをされている方がいたことは大変印象的でした。

もう一つのメインであったアントニオ・ストラディヴァリのチェロの音は、他を圧倒する鳴り方をしていました。試奏された方の中には、非常に大きな音が出ているにも関わらず「抵抗感があまりにも無いため本当に鳴っているのかどうか解らない」と戸惑いを感じられた方もいたようです。完全に調整された楽器は厚みのある太い音がします。そういう音は遠くの方までよく響きますが、反面、耳元では柔らかく静かに感じられます。

弓はサルトリーやウーシャを始め、同じ製作家の作品を複数展示するようにしました。比較することで共通点はもちろん、同じ作家でも違いがあることなどが解っていただけたのではないでしょうか?また最近入荷したばかりのニコラ・リュポーやヤコブ・ユーリーなど、貴重なシャコンヌコレクションの展示も行いました。

次回の展示会は4月末頃を予定しています。展示方法など、さらに工夫をし、よりいっそう楽しんでいただけるようにしていきたいと思っています。

 
11月9日(金)〜11日(日) 岡山国際交流センター8F イベントホール

岡山展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

岡山展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

11月9日より11日にかけて岡山の国際交流センターで展示会を開催しました。今回の展示会は共鳴をテーマにしており、それに沿った数多くの楽器を展示、販売いたしました。

お越しいただいた多数のお客様には、オールド名器と、共鳴理論・オールドニスを使って作ったシャコンヌ製新作ヴァイオリン、ヴィオラを弾き比べていただきました。広い会場をゆたかに包み込む新作ヴァイオリンの響きは名器に匹敵するもので、たくさんの方々から絶賛の声をいただきました。会場では共鳴についてのパネルや木材などを使って共鳴の重要性について展示、説明をいたしましたが、この新作ヴァイオリンこそがその答えになったと思います。今後、ぜひ一人でも多くの方に弾いて頂きたいと思います。

オールド楽器は、ストラドのチェロをはじめとするたくさんの名器にふれていただきましたが、奏者より周りで聴いていた人のほうが響いていることがよくわかった様子でした。J.B.ガダニーニやA.ガルネリなどは、他の楽器を包み込むように鳴り響き注目を集めていました。

弓では金べっ甲のシモンと弓製作家のギヨーム氏による、そのコピーを展示しました。以前ギヨーム氏にこの弓を見せた際、非常に感銘を受けられ「今まで見たなかで最高の弓だ!」と言われたほどの、宝石のような素晴らしい弓で、たくさんの方に興味を持って見ていただきました。

 
10月27日(土)〜28日(日) ツインメッセ静岡西館第一小展示場

静岡展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

静岡展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

 

10月27日(土)、28日(日)の2日間にわたりツインメッセ静岡において開催致しました。初日27日は通過中の台風の影響により大荒れの天気でしたが、それにもかかわらず60組ものお客様にご来場いただきました。

楽器を選びに来られた方、今後の買い換えを前に下見、相談に来られた方、修理・調整に楽器を持ち込まれた方々で会場は大変な混雑ぶりでした。特に修理や毛替えにおきましては、3名の技術者がフル稼働しましたが、残念なことにお断りしなければならないお客様も出てきてしまいました。

静岡は名古屋本店と東京吉祥寺店のほぼ中間に位置し、また新幹線や東名高速道と利便の良い場所でもあります。今後は是非、各々の店舗のご利用もお勧めいたします。

今回は、シャコンヌ製新作ヴァイオリンがいよいよ完成し、発売開始となったのですが、これまでに試作の段階から何度かご覧になってきた方からは、見るたびによくなるので、さらに良くなるのではと、かえって購入を躊躇してしまうというご意見もありました。しかし、シャコンヌでは今後新たに開発される技術・アイディアは、ご購入いただいた楽器に対し、積極的に施していきますのでご安心下さいとお伝えしました。

数年前には、モダンイタリーヴァイオリンを中心とした展示会も行っていましたが、今回は1本の展示もなかったことも特徴的です。また、最新入荷のF.リュポをはじめとするオールド名弓コレクションは、マニアの方にはたまらない様子でした。

来年の5月9日(金)〜11日(日)の春の展示会に先立ち、4月30日(水)に静岡のグランシップ中ホールで開催する(シャコンヌ主催)岡崎慶輔さんのコンサートは、バッハのソナタ&パルティータより他、全て無伴奏プログラムとなる予定です。ご期待下さい。

 
10月19日(金)〜21日(日) 福岡ファッションビル8F Bホール

福岡展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

福岡展示会-2007秋展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

10月19日から21日まで、福岡ファッションビルにて展示会を開催し、70組を超える方々にお越しいただきました。

今回の展示会では、最近シャコンヌにて発掘、調整された、チェロのAntonio Stradivari、来年のシャコンヌカレンダーのBartolomeo Giuseppe Guarneri ‘del Gesu'など、多数のオールドイタリーをご紹介しました。会場では多くの皆様に試奏していただき、驚きと感動の声がきかれました。

またシャコンヌがこれまで研究してきました、オールドイタリーのニスの再現や、物理的理論(共鳴)による修理修復の考え方を詳しく解説するコーナーを設けました。実際に、修復で使用する古い材料や駒などを、見て、持って、叩いていただきながら、ご説明いたしました。

シャコンヌ特製のベネチアン・テレピンニスを使用した新作ヴァイオリンは大変好評で、予約注文をされた方もいらっしゃいました。

会場では皆さんが様々な楽器を弾き比べされていましたが、これだけの楽器を一度にたくさん弾き比べることが出来る機会は、貴重だと思います。そして、色んな発見をしていただく、良い機会になったのではないかと思います。

  シャコンヌホーム シャコンヌ秋の展示会
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ