弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
  シャコンヌホーム シャコンヌ春の弦楽器フェア
2006春展示会(弦楽器フェア)のご報告 - シャコンヌ ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの弦楽器専門店
シャコンヌ春の弦楽器フェアのご報告
 
多くの方にご来場いただき有難うございました。終了した展示会の様子をご報告いたします。
 
6月9日(金)〜6月11日(日) 共済ビル7F きょうさいサロン

札幌展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

今回は、初めて札幌店のはす向かいのきょうさいサロンでの開催となりました。事前にお問い合わせをいただいた方も多く、たくさんの方々にご来場いただけるのでは、という期待はありましたが、実際に、思っていた以上に多くの方々にご来場いただきました。特にアマチュアのオーケストラに所属している方で、初めてご来場になった方が多いという印象を受けました。

オールドの名器、名弓、モダンイタリー、新作イタリー、弓、そしてモダンフレンチ、ジャーマンのコーナーに分かれて楽器を展示し、そのほかに中国展示会の報告のコーナーを設けました。ご来場された方の多くはお目当ての価格帯のものに熱心に見入っていたり何台か音を確かめていたりしていました。

また、名器を含めいろいろな楽器を見てみたい、いう方も多く、最初は名器のコーナーでしり込みしていた方も私達がご案内させていただき、実際に名器を弾いてみてその音の素晴らしさに皆様一様に感激していました。中国展示会のコーナーも好評で、中には中国の優れた製作家の作品を目当てにご来場された方や、中国の様子を熱心に質問される方もいました。

社長の窪田による講演は楽器の鑑定という専門的な内容ながら、どなたにも解り易い様に話が進められました。ストラディヴァリとガルネリを例にとり、鑑定の際には特にどのような点を注意して見ていくかということで、輪郭、アーチ、スクロール、Cバウツ、パフリング、ニス、材料、木の古さ、刃物の切口等について解説しました。講演の後も質問をする方々が窪田の周りを囲んでいました。

現在楽器を探している方だけでなく、今後必要になりそうな方、特に楽器を購入する予定のない方にも、展示会は多くの良い楽器に触れるとても良い機会です。これほどの楽器が一度に見られる機会は日本にはほかにありません。今回初めてご来場いただいた方が多かった事は最初に述べましたが、初めての方にもとても楽しんでいただけたようです。

秋の展示会は12月にコンベンションセンターで開催します。ホールで楽器の音を試すことも出来る予定です。まだご来場になったことがない方もぜひ足をお運び下さい。

 
5月27日(土)〜5月28日(日) インテックタワー111 3Fスカイホール

富山展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

富山展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

5月27日(土)、28日(日) インテックタワー111 3Fスカイホールにて、富山展示会を開催しました。

開催日の前日、27日と天気に恵まれ、立山連峰の山並を見ることができました。開催初日に、社長の窪田による「楽器の鑑定について、〜美術品としての楽器、道具としての楽器〜」と題して講演を行いました。

講演では、山の名前を覚えることによって、山がより身近な存在になるのと同様に、楽器の名前を覚えることで、皆さんが楽器へより興味を持っていただければということで、楽器を鑑定するにあたってのプロディーラーとしての楽器の見方、その注意点などを解説しました。

会場となったスカイホールはクラシックコンサートに使用されるホールで、響きも良く、楽器の音色を聴くのに最適な環境です。今回の展示会では、ストラディヴァリ、ガルネリ、ベルゴンツィの三大名器をはじめ、ガダニーニ、プレッセンダ、ロッカなど有名な楽器を数多く展示しました。

富山県内の大学オケ、アマチュアオケの方々のみならず、金沢大オケの学生さんが来場し、普段手にすることの出来ない名器の数々を弾き、その音色の美しさや弾きやすさに感動している様子でした。また今回は、チェロの展示も多く、特に最近入荷したHEERはとても好評でした。
来場していただいた方々には、シャコンヌの楽器の良さ、調整の良さをご理解いただけたことと思います。

 
5月19日(金)〜5月21日(日) 福岡ファッションビル8F Bホール

福岡展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

福岡展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

今回の展示会には、県内や近県のみならず、遠くは香川からも多くの方々がお越しくださいました。

今回は、初めて展示会場へお越し頂いたお客様も多かったのですが、私達の説明をよくお聞きくださり、シャコンヌの「音」に対する思いもご理解いただけたと思います。

九州大学・九州芸術工科大学・佐賀大学・山口大学などの学生オーケストラの方々、コンクールに出場される若い方も、普段は見ることもできないような名器を試奏し、その音量・表現力・音色のすばらしさに驚かれていました。また会場にてご紹介しました中国の楽器・弓も好評でした。

社長の窪田による講演会にも、学生の方々、音大の先生、愛好家、趣味でヴァイオリンを製作される方など、20名を超える方々にお集まりいただき、熱心にお聴きくださいました。講演会後もガダニーニの年代ごとの造りの違い等について、詳しくお話しさせていただきました。

サザビーズの名器目録「FOUR CENTURIES OF VIOLIN MAKING」も数名の方がお求めくださいました。楽器に対する意識の高さ、楽器のことが好きな方の多さを感じました。

会場では、皆様の楽器の点検や毛替・修理も行いましたが、年々、その件数も増えてきています。シャコンヌの修理技術を、多くの方が認めてくださっているものと感じております。

 
5月12日(金)〜5月14日(日) ツインメッセ静岡西館第一小展示場

静岡展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

静岡展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

今回の展示会は静岡県全域から100名を越える方々にご来場いただきました。静岡市内で20年以上、同会場(旧称・静岡産業館)でも15年を越えて継続開催しておりますので、恒例行事として定着すると同時に、年々シャコンヌへの期待が大きくなっていることを強く感じました。市民オーケストラや市内の高校、大学のサークルの方も多く、アマチュアオーケストラの活動が大変活発となっているという印象も受けました。

ヴァイオリン三大銘器を中心にしたオールドイタリーコーナー、G.F.プレッセンダやG.ロッカ等のトリノ派コーナー、中国の現在の名工の作品を紹介したコーナーほか、例年以上に見易さ、わかりやすさを心掛け展示いたしました。皆様には手に取り試奏していただき楽しんでいただけたと思います。

13日(土)には、社長窪田による講演にも多くの方々に参加いただきました。学生時代に出演した演奏会での出来事、楽器商を始めるきっかけのひとつとなった出来事など、静岡ならではのエピソードも飛び出し、会場も大変盛り上がりました。

展示会はお客様と修理技術者の意見を交わす良い機会ともなります。疑問に思っていることや、楽器に関する悩みなど解決する場として是非お役立てください。

 
5月3日(水)〜5月7日(日) シャコンヌ名古屋店

名古屋展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋店にて5日間開催した弦楽器フェアは、総勢200名を超える方々にご来場いただきました。通常展示の2階・3階に加え、この春から拡大した11階でも展示をして、様々な楽器をご紹介しました。

3階の店舗では、分数ヴァイオリンや新作楽器、お手頃なモダン楽器や、弓を展示し、小さなお子様から、アマチュア愛好家、専門を目指す方まで、幅広い層の方にご覧いただきました。
今回のフェアでは特に、初めてのフルサイズのヴァイオリンをご検討される方が多く、モダンフレンチから新作楽器などをお買い求めいただきました。 

2階ギャラリーでは、ストラディヴァリ、ガルネリ、ベルゴンツィを始めとするクレモナ派のオールド名器と、トリノ派やミラノ派等の高級モダンイタリー、及び各種チェロと、高級フレンチ弓を展示しました。

11階では、ヴェニス派の代表的な楽器と、ナポリ派のガリアーノや、コレクションの高級フレンチ弓を展示。また、J.B.ガダニーニを6本展示し、各時代の作風の変遷をご覧いただきました。

社長・窪田による講演会には、毎日20名程の方が聴講され、熱心にメモをとったり、講演後に質問をされたりしていました。講演後は、その内容を踏まえて、楽器をじっくり見比べ、叩いてパーツの音程を比べたり、弾き比べて音色の違いを確かめるなど、参考にされている様子でした。

今回のフェアは、通常の営業ではご紹介しきれない楽器をご紹介し、講演会や、修理工房の見学などを通じて、よりシャコンヌを知っていただく良い機会になったと思っております。今後も皆様に、より楽器に興味を持って頂けるように様々な企画を考えたいと思います。

 
 
4月28日(金)〜5月1日(月) シャコンヌ東京吉祥寺店

東京展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

東京展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

今回は店舗拡張記念の展示会ということもあり、約150名と、いつも以上に大勢の方々に来場していただきました。

3つの展示スペースにそれぞれ

  • 新作イタリー、中級モダンイタリー
  • オールド・モダンのジャーマン、フレンチ、中国展示会報告、優れた中国の新作楽器、弓のコーナー
  • オールドイタリー、モダンイタリー、オールドフレンチ弓、モダンフレンチ弓

を展示しました。

特に同じメーカーやファミリー(J.B.ガダニーニ×3、ガルネリファミリー、ベルゴンツィファミリー等)の楽器を複数展示したことにより、比較できる貴重な機会であり大変興味深いとの評価をいただきました。

講演会 4/29(土) 4/30(日)

社長、窪田による講演を行いました。楽器を鑑定する際のチェックポイント等、分かりやすく解説しました。初日に来られた方で大変興味を持たれ二日目も来場された方もいらっしゃいました。講演終了後、さらに話を聞きたいという方が多数おられ、窪田を取り囲むようにして熱心に話を聞く姿が見られました。

 
4月14日(金)〜16日(日) 岡山国際交流センター8Fイベントホール

岡山展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

岡山展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

岡山展示会-2006春展示会(弦楽器フェア)- シャコンヌ ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

岡山にて、シャコンヌの弦楽器フェアを行いました。
岡山のみならず香川をはじめ広島、島根、兵庫、徳島など遠くからもお越しいただきました。

通常の展示のほか、三大銘器(アントニオ・ストラディヴァリ、ガルネリ・デルジェス、カルロ・ベルゴンツィ)をはじめ、J.B.ガダニーニなどのオールドイタリー19台を、最新の調整を施し、展示いたしました。愛好家の方々は、これらの楽器を弾き比べて、自身の求める音を探されている様子でした。

他の楽器のなかでは、特に、Heer社の楽器が大好評で、オールドコピーの新作楽器ですが、板のバランスが非常に良く、音量、音色共にすばらしいと評判でした。

前回に引き続き、社長、窪田による講演を行いました。「楽器の鑑定について〜美術品としての楽器、道具としての楽器〜」というテーマでしたが、皆様、熱心にお聞きくださいました。

また、会場にて、当社の修理者3名が、皆様の楽器の毛替・調整などのメンテナンスを行いました。多くの方々が事前にご予約いただき、ご好評いただきました。

※飛び込みの方の修理をお受けできない場面もありました。メンテナンスをご希望の際は、ご予約下さるようお願いいたします。

  シャコンヌホーム シャコンヌ春の弦楽器フェア
   
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ