弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ札幌店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のバックナンバーヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌市中央区北3条
西1丁目1-1
札幌ブリックキューブ2F
TEL:011-221-2561
FAX:011-221-2562
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ札幌店の地図

地図クリックで拡大します

駐車場:
中央区北3西2「NC北専北三条ビルパーキング」
※東急デパート南口向かい
※シャコンヌご利用の時間内は無料です


○毛替えについて
大変多くの方々にご用命いただきありがとうございます。

コンクール、発表会、演奏会本番に向けた毛替えも承ります。
事前のご予約も可能です。(札幌店011-221-2561)

ご希望のお時間やご要望などお気軽にお知らせ下さい。


新作‘CHACONNE’に関するお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。
011-221-2561 シャコンヌ札幌店

ぜひこちらをご覧ください
新作'CHACONNE'

2014年札幌店は、シャコンヌの札幌支店としてオープンして18年目の年をむかえます。今年も“良い音”にこだわり修理調整して参ります。よろしくお願いいたします。


【今月の新作シャコンヌ】
札幌店で紹介できる最新のガルネリモデルを展示中です。
ストラディヴァリモデルの持つ音色、高音の魅力と是非聴き比べてください。


【楽譜入荷と商品の発送について】
インターナショナル版の楽譜が入荷しました。
電話での在庫等のお問い合わせは、いつでも承っていますのでお気軽にご利用下さい。

(011)221−2561シャコンヌ札幌店

ご来店の難しい方には、郵送も可能です。弦、小物類も同様に可能です。


【駐車場のご案内】
1600kg以下のお車は、ビル付属の“パナソニックビル立体駐車場”をご利用いただけます。

それ以外の方は、“NC北専北3条パーキング”をご利用ください。札幌かに本家の隣、東急デパートの南口向かいのビル一階です。シャコンヌ札幌店まではゆっくり歩いて5分程です。


【市内オーケストラ、教室の方々へ】
メンバー募集や演奏会のポスターチラシなどいつでもお持ち下さい。店頭で紹介させていただきます。また普段のメンテナンスはもちろん本番前の楽器の最終チェックや毛替えも承っています。健康診断は無料です。


【臨時休業】
2月2日(日)から4日(火)は、研修のため臨時休業させていただきます。5日(水)朝10時より営業します。

最新の記事
2017.05.11更新
2017.02.16更新
2017.01.11更新
2016.12.24更新
2016.11.09更新
2016.09.08更新
2016.08.05更新
2016.07.19更新
2016.06.16更新
2016.05.03更新
2016.04.02更新
2016.02.18更新
2015.12.11更新
2015.10.29更新
2015.08.08更新
2015.05.22更新
2015.03.06更新
2014.12.26更新
2014.10.24更新
2014.08.09更新
2014.06.14更新
2014.05.16更新
2014.03.28更新
2014.01.25更新
2013.12.06更新
2013.11.05更新
2013.09.18更新
2013.08.07更新
2013.06.19更新
2013.05.17更新
2013.03.20更新
2013.02.09更新
2012.12.21更新
2012.10.25更新
2012.09.15更新
2012.07.19更新
2012.06.07更新
2012.04.13更新
2012.03.14更新
2012.02.16更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ札幌店スタッフより

2014年になり、1996年に札幌店がオープンしてから18年が経とうとしています。開店当初と比べてもますますクラシック音楽が盛んになってきている札幌をはじめとする北海道内の音楽愛好家の方々に支えられ、私たちも多少なりとも発展に寄与できているのではないかと感じています。これからも修理、調整技術に磨きをかけ、より良い音を目指して皆様のお役に立っていきたいと思います。

さて、歴史の古い弦楽器の修理、調整の技術というと、専ら昔から伝えられてきた技術を継承していく、変わらないものというイメージを持つ方は多いと思います。確かにそういう部分も少なからずあるのですが、いろいろな技術者の工夫や道具の発達などにより、修理技術も変化するものです。シャコンヌの中で見た場合、修理、調整の技術は創業から今までの間に大きく進歩しました。

当初はヨーロッパから導入した修理技術でしたが、良い音を目指すときに理屈に合わない修理方法や、音よりも見た目を優先した修理が少なからずあることに気付き、多くの修理方法が改良されてきました。(それらの良くない修理、調整方法の中には、オールドの時代には当然のように良い方法でなされていたものが後世に改悪されてしまったと考えられるものも多くありました。)

そして現在、シャコンヌでは、オールド名器の構造と良い音のための修理、調整方法が、各部分の音程(=強度)を整えることによって効率的に振動する、という同じ考え方に基づくものであることを発見し、様々な点で他にあまり例を見ない独自の修理、調整方法に進歩してきています。

現在、多くの経験やシビアな感覚を要するオールド名器の調整の多くは社長の窪田が行っています。窪田は今でも楽器だけでなく様々な分野の知識を得て、それを生かして考え、日々進歩しています。私達はそれを見て、そこから何とかして多くのことを学び、近づいて行かなければなりません。それが多くの人の役に立つという事であり、自分自身のためであると感じています。

 
2014/1/25 札幌店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ