弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ札幌店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のバックナンバーヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌市中央区北3条
西1丁目1-1
札幌ブリックキューブ2F
TEL:011-221-2561
FAX:011-221-2562
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ札幌店の地図

地図クリックで拡大します

駐車場:
中央区北3西2「NC北専北三条ビルパーキング」
※東急デパート南口向かい
※シャコンヌご利用の時間内は無料です


○毛替えについて
多くのご用命をいただき、大変混み合ってきております。

事前のご予約も承ります。
(011-221-2561 札幌店)
ご希望のお時間・ご要望などお気軽にお知らせ下さい。


新作‘CHACONNE’に関するお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。
011-221-2561 シャコンヌ札幌店

ぜひこちらをご覧ください
新作'CHACONNE'

【修理音調整・毛替えのご案内】
今年もあと2ヵ月となりました。楽器の調子はいかがですか?修理音調整、毛替えは、毎日受付けています。いつでもご利用ください。電話での相談は、(011)221−2561シャコンヌ札幌店までお知らせください。

早い修理の場合は、店内でお待ちいただいている間に完了します。店内の書籍やDVDなど見ながら、お待ちいただけます。


【弦楽器秋の展示即売会のお知らせ】
お待たせしました。11月15日(金)から17(日)の3日間、弦楽器展示即売会を開催します。どなたにも楽しんでいただける展示会!と銘打って様々な展示を準備しています。

会場は札幌国際ビル8階国際ホールです(札幌市中央区北4西4)です。JR札幌駅南口から駅前通りを南へ進んでください。北洋銀行のすぐ南隣のビルです。

土曜・日曜の15時からは、社長の窪田による講演会があります。ヴァイオリンについて様々な観点からお話をいたします。どなたでもお聴きいただけます。
どうぞお気軽にお越し下さい。

展示会ページはこちら


【楽器入荷のお知らせ】
展示会に先駆けて、各ランクの楽器と弓が充実入荷しています。店頭に展示しきれないものもありますので、スタッフがお持ちします。
どの楽器も試奏できます。楽器をお探しの方是非ご覧ください。


【ビギナーさん向けに】
楽器の各部分の名前や、部品の呼び方、それがわからないために修理の際に直したい所の説明が上手く出来ないケースが多々ありました。
まずは、楽器の各部分の名前を覚えましょう。店頭でも工夫を凝らしてお手伝いします。

最新の記事
2017.01.11更新
2016.12.24更新
2016.11.09更新
2016.09.08更新
2016.08.05更新
2016.07.19更新
2016.06.16更新
2016.05.03更新
2016.04.02更新
2016.02.18更新
2015.12.11更新
2015.10.29更新
2015.08.08更新
2015.05.22更新
2015.03.06更新
2014.12.26更新
2014.10.24更新
2014.08.09更新
2014.06.14更新
2014.05.16更新
2014.03.28更新
2014.01.25更新
2013.12.06更新
2013.11.05更新
2013.09.18更新
2013.08.07更新
2013.06.19更新
2013.05.17更新
2013.03.20更新
2013.02.09更新
2012.12.21更新
2012.10.25更新
2012.09.15更新
2012.07.19更新
2012.06.07更新
2012.04.13更新
2012.03.14更新
2012.02.16更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ札幌店スタッフより

9月25日〜27日の日程でイタリアのクレモナで開催されたモンドムジカに、今年も出展してきました。シャコンヌとしては、出展は今年で5回目となります。

ご存知の方もいるでしょうが、モンドムジカとは毎年開催されている世界最大の弦楽器見本市で、ヨーロッパ、アジア、アメリカなど、世界中から200以上の楽器店、メーカー、ケースや小物類、楽器製作の材料などの店が出展しています。会場で見る限り、イタリアで開催されているにもかかわらずイタリアのメーカーは押され気味様子。しかし、今日のように、現代のイタリアと同じ製作技術が世界中に広まっている中では無理のないことかもしれません。

また、私たちは今年も新作楽器‘CHACONNE’を世界に広める事を目的に出展しに来ている訳ですが、その私達にとってもこの場は貴重な情報収集の場でもあります。楽器のフィッティング類(ペグ、テールピース、あご当てなど)の店ではより良い材質、や形のものはないか、と探し、ケースの店では日本では見かけないケースを見つけ、これは便利そうだ、あれは趣味が良くない等と物色し、オールド名器を置いている店では後学のために見せてもらったり、修理道具など興味深いものはサンプルとして買って来たりもします。向こうからの売り込みも積極的で参考になります。

肝心の私達のブースについてですが、やはり回を重ねるごとに新作楽器‘CHACONNE’に対する理解は、少しずつではありますが着実に広がりを見せています。毎年、シャコンヌのブースに楽器を弾きに来てくれる人も増え、また、毎回、新しくシャコンヌを知ってくれる人がいます。

来場者はプロ、アマチュア様々ですが、いずれであるかに関係なくオールド名器で良い音を出す人ほど、CHACONNEの良さを認めてくれます。(プロの方が良い音を出すとは限らないというのは興味深く、また気持ちとしては複雑なところです。)その様な人の中には「低音はむしろCHACONNEのほうが良い!」という人も少なからずいました。

世界にはストラディヴァリの再現を目指し研究を重ねている製作者は多くいます。しかし、これほどの規模の見本市でも、ストラディヴァリの外見に迫っている楽器はあってもCHACONNEのようにストラディヴァリの音に迫っている楽器はないし、近い楽器も全く見かけません。(勿論、出展していない素晴らしい新作楽器があるかもしれませんが)まだまだ世の中の風潮としては、ストラディヴァリの良い音の理由が謎である事が素晴らしい事であるかのように錯覚し、謎のままにしておくことで音の追求を放棄する事を許しているようです。CHACONNEが世界の多くの人に知られるようになり、求められるようになるのはまだ先としても、継続して知ってもらう機会を作っていく必要性を感じ、また手ごたえを感じた出張でした。
モンドムジカについては各地で開催中の展示会において、詳しく紹介しています。是非ご来場下さい。

また、札幌店でもお声をかけていただければ喜んでお話させていただきます。

 
2013/11/5 札幌店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ