弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ札幌店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のバックナンバーヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌市中央区北3条
西1丁目1-1
札幌ブリックキューブ2F
TEL:011-221-2561
FAX:011-221-2562
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ札幌店の地図

地図クリックで拡大します

駐車場:
中央区北3西2「NC北専北三条ビルパーキング」
※東急デパート南口向かい
※シャコンヌご利用の時間内は無料です


○毛替えについて
多くのご用命をいただき、大変混み合ってきております。

事前のご予約も承ります。
(011-221-2561 札幌店)
ご希望のお時間・ご要望などお気軽にお知らせ下さい。


新作‘CHACONNE’に関するお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。
011-221-2561 シャコンヌ札幌店

ぜひこちらをご覧ください
新作'CHACONNE'

【札幌展示会へのご来場ありがとうございました。】
今回は直前まで寒い日が続いた割に好天にも恵まれ、多くの方にご来場いただきました。

恒例となったシャコンヌ社長、窪田による講演もたくさんの方が聴講されました。また、初めて行なった楽器の取り扱いミニ講座、いかがでしたでしょうか。

次回の展示会もお楽しみに!


【旭川出張店舗のお知らせ】
今年は下記の日程で旭川出張店舗を開設いたします。

お持ちの楽器、弓の修理、調整、毛替えを承ります他、弦や小物類の販売を行ないます。また、楽器、弓の展示、販売も行います。展示楽器は全て 試奏出来ますのでご興味がおありの方は是非、試奏にいらしてください。

修理、調整の見積もりやお問い合わせはシャコンヌ札幌店までお願いいたします。

日時: 6月29日(土)、30日(日) 10:00〜18:30
場所:旭川市神楽4条6丁目1番12号 
      旭川地場産業振興センター2階(大雪アリーナ向かい)


【新入荷のご案内】
ブリュッセルにあるBernard工房よりPierre Guillaumeの弓が入荷しました。工房製の弓、(Bernard)も入荷しています。

日本でもとても評価の高いメーカーです。Vn弓、Vla弓、Vc弓、いずれも札幌店にて試奏していただけます。ぜひ、試奏してみて下さい。


【オールドVnも入荷】
シャコンヌでは先日、イギリスよりオールドヴァイオリンを数多く仕入れ、そのうち15本程、札幌店に入ってきています。まだこれから修理、調整が必要な状態で、弾ける状態ではありませんが、店頭にずらっと並んでいますので仕入れたままの状態をごらん頂けます。

また、「ホームページを見た」と教えていただければ、仕入れの事やこれから必要になる修理、調整についてのお話も致しますので、ご来店の際、スタッフにお声かけ下さい。

最新の記事
2017.01.11更新
2016.12.24更新
2016.11.09更新
2016.09.08更新
2016.08.05更新
2016.07.19更新
2016.06.16更新
2016.05.03更新
2016.04.02更新
2016.02.18更新
2015.12.11更新
2015.10.29更新
2015.08.08更新
2015.05.22更新
2015.03.06更新
2014.12.26更新
2014.10.24更新
2014.08.09更新
2014.06.14更新
2014.05.16更新
2014.03.28更新
2014.01.25更新
2013.12.06更新
2013.11.05更新
2013.09.18更新
2013.08.07更新
2013.06.19更新
2013.05.17更新
2013.03.20更新
2013.02.09更新
2012.12.21更新
2012.10.25更新
2012.09.15更新
2012.07.19更新
2012.06.07更新
2012.04.13更新
2012.03.14更新
2012.02.16更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ札幌店スタッフより

5月4日(土)、の名古屋展示会期間中に名古屋のしらかわホールにて、シャコンヌ主催の「ファイン・デュオ」リサイタルが行なわれ、名古屋展示会及びホールスタッフとして出張していた私は運良くコンサートも聴く事が出来ました。名古屋店ページにあるようにこのコンサートはシャコンヌならではの、楽器にも焦点をあてた企画で、演奏者にストラディヴァリと新作楽器CHACONNEを弾き比べてもらい、聴衆は音楽を楽しむと同時に楽器の音も聴き比べられるという興味深いものでした。

CHACONNE製作者の窪田はこのコンサートのために直前まで楽器の選択、調整を重ね、CHACONNEも、そして当然ストラディヴァリも、出来るだけよい音が出るように準備を続けていたとのことでした。その結果、3百年前の楽器と出来上がってまだ3日の楽器というとても珍しい弾き比べになりました。

前置きはこのあたりにして、肝心の音について。

よく、「ストラディヴァリと他の安価な楽器を舞台で目隠しして弾き比べたら、聴衆にはどちらが名器かわからなかった。」などという話を聞きますが、今回のコンサートでは全くそんな事はなく、それぞれの楽器の音がとてもよく聴き比べられたように思います。

聞こえてくる音は、演奏者の技術、使用する楽器のコンディション、奏者が普段使用している楽器がどのようなものか、演奏する環境・・・等によって大きく影響を受けます。まして舞台に幕を張ったり、演奏者が目隠しされるという事では、一見公平なようで科学的ではなく、むしろよい楽器の音を聞こえないようにする工夫のようです。

今回、個人的な感想としては、CHACONNEの音はホールの隅まで響き、音色が鮮やかで、やわらかく強く感じました。ストラディヴァリの音は繊細で透明感があり、特に高音の方では空から音が降ってくるような錯覚を持ちました。私としてはそれぞれに違った音色で、どちらが良い、という事は言えませんでしたが「CHACONNEは人間世界の音で、ストラディヴァリはある種、天国的な音のようだ」という窪田の言葉を聞いて、ああ、そのとおりだ、と納得しました。

最新のCHACONNEは札幌展示会でも展示する予定ですので、是非ご来場のうえ、試奏して音を体感してみてください。オールド名器も数多く出品予定です。

 
2013/6/19 札幌店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ