弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ札幌店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のバックナンバーヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌市中央区北3条
西1丁目1-1
札幌ブリックキューブ2F
TEL:011-221-2561
FAX:011-221-2562
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ札幌店の地図

地図クリックで拡大します

駐車場:
中央区北3西2「NC北専北三条ビルパーキング」
※東急デパート南口向かい
※シャコンヌご利用の時間内は無料です


○毛替えについて
大変多くの方々にご用命いただきありがとうございます。

コンクール、発表会、演奏会本番に向けた毛替えも承ります。
事前のご予約も可能です。(札幌店011-221-2561)

ご希望のお時間やご要望などお気軽にお知らせ下さい。


新作‘CHACONNE’に関するお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。
011-221-2561 シャコンヌ札幌店

ぜひこちらをご覧ください
新作'CHACONNE'

【帯広で出張店舗を開設いたします!】
もう毎年恒例の行事になりました。今年も楽器の展示、販売、弓の毛替え、楽器の修理、調整、弦や小物の販売などを行います。多くの楽器を弾き比べる良い機会です。選りすぐりの楽器、弓を展示いたしますので是非お試し下さい。

また、今年はいよいよストラディヴァリを再現した新作楽器を帯広でも初めてご紹介できそうです。オールド名器のような弾き応え、音色を体感してください。加えて、修理を終えて良い状態に仕上がったオールドイタリーも展示したいと考えています。

修理、調整はその場で見学する事も出来、実際に技術者と話をして自分の楽器の状態を良く知る貴重な機会として、いつもこの出張修理を利用される方もいます。毎年たくさんのご依頼をいただいており、会場ですべての修理を終える事が出来ない場合は札幌店に持ち帰って修理を行う事になりますので、なるべくお電話にてご予約をされることをお勧めします。また、修理内容によってはお預かりさせていただく事もあります。

いま、お使いの楽器についてのお話も含め、会場にて何でもご相談下さい。

日時:4月5日(土)、6日(日) 10:00〜18:30
場所:帯広市西2条南9丁目 坂本ビル 5階

お問い合わせ、修理のご予約はシャコンヌ札幌店までお願いいたします。 


【今月のお店】
いままで多くの方にご紹介してご好評をいただいている弓、CA USAを札幌店でも豊富に取り揃えました。ヴァイオリン弓で¥126,000から¥294,000まで各ランク揃っていて材料の良さ、腰の強さが特徴です。また、フロッグの材質の違いなどもあってか、ランクによって音色、弾き応えが異なります。

¥500,000〜¥700,000までのヴァイオリンも揃っています。よく選ばれる組み合わせですのでこの価格帯をお探しの方はご来店の上、お試し下さい。お勧めです!


【オリジナルカレンダー】
2008年はシャコンヌコレクション BARTOLOMEO GIUSEPPE GUARNERI“del Gesu"です。凄みがあり、本当に美しい楽器です。ご来店の際にはどうぞご自由にお持ち下さい。遠方のお客様にはお送りいたしますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。


【演奏会チラシ ポスター等どうぞお持ち下さい。】
お寄せいただいた演奏会情報は、当ホームページでも掲載させていただきます。また、お預かりいたしましたチラシは店頭で積極的に配布しております。 各団体の交流の場として、お気軽にシャコンヌをご利用下さい。


【季刊ゴーシュ販売店】
北海道発のクラシック音楽マガジン、季刊ゴーシュ、取り扱っています。3月1日に13号が発売になりました。
・新札幌市民会館を考えよう!
・2007ベストコンサートはこれだ
・コンサートレビュー
・演奏会ナビ     他

店頭にて。

最新の記事
2019.10.02更新
2019.09.12更新
2019.08.08更新
2019.07.16更新
2019.06.27更新
2019.06.15更新
2019.05.30更新
2019.04.13更新
2019.03.03更新
2019.01.31更新
2019.01.08更新
2018.12.11更新
2018.11.10更新
2018.06.20更新
2018.05.23更新
2018.04.07更新
2018.02.07更新
2017.12.14更新
2017.11.09更新
2017.06.06更新
2017.05.11更新
2017.02.16更新
2017.01.11更新
2016.12.24更新
2016.11.09更新
2016.09.08更新
2016.08.05更新
2016.07.19更新
2016.06.16更新
2016.05.03更新
2016.04.02更新
2016.02.18更新
2015.12.11更新
2015.10.29更新
2015.08.08更新
2015.05.22更新
2015.03.06更新
2014.12.26更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ札幌店スタッフより
楽器はいつまで使えるのか?  

お店でお客様からよく受ける質問の一つです。大抵の場合、これから購入する楽器もしくは今現在使っている楽器を、自分は今後しばらく(もしくは一生)使っていけるものかどうか、という意味でご質問を受けます。そしてそのような意味であれば、その楽器がどれほどの能力を持った楽器かによってお答えする内容は異なってくると思います。これは弓についても同じ事です。

判りやすく結論から言えば、今後、上達していって曲もより難しいものに取り組むようになると、演奏者も曲も楽器により高い要求をするようになります。その要求に応えられなくなった時がその楽器が使えなくなった時であり、より良い楽器にランクアップする時と考えられます。ですから安価な楽器ほどその時は早く来るという事です。

楽器自体は壊れたり寿命が来たりという事では無いけれど長く使っているうちに演奏者の上達の足を引っ張っている、という事は実は少なからずあるのです。初めて楽器を購入するときもなるべく良いものを使うようにした方が後々良い結果につながることが多いように思いますし、アマチュアオーケストラなどで楽しんで弾いていて、あまりランクアップなどはするつもりが無いという方も、やはり長く使うことの出来るクラスの楽器をお勧めします。

では演奏者との関係ではなく楽器自体はどのくらいの寿命があるのでしょうか。

これも結論を言えば楽器によって異なります。何年くらい、とは一概に言えませんがやはり安価な量産楽器は寿命が短いものです。もともとあまり長く使う事を想定されていない、ということもあるのでしょうが、修理、調整にあまりお金や手間をかけられないということも大きいと思います。

弦楽器は定期的な点検や調整が欠かせないもので、また、長い目で見れば時には大きな修理も必要になってくるものですが、そこでその修理をするに見合うだけの楽器か、ということが所有者に問われるのです。普及品の楽器が作られるようになってからいままで数え切れない位多くの楽器がそのようにして淘汰されてきたことでしょう。

修理、調整を重ねるに見合う楽器でしかも丁寧に扱われ、適切な修理を施されたものの場合はまったく話が異なってきます。50年〜100年ほど前に特にフランスで質が良く比較的安価な楽器が多くつくられましたが、現在でもほとんど健康状態は損なわれていません。

ストラディヴァリやその時代の名器は300年経った現在でも弦楽器の最高峰として認められています。以前、300年ほど経ったストラディヴァリ等の名器はだんだん音が悪くなってヘタってきているので楽器の寿命は300年ちょっとだろう、という話を聞いた事がありますが、少なくともこれは誤った判断です。

音が悪くなってきているのはまったく異なる理由から来るもので適切な修理、修復によって元に戻ります。弦楽器の寿命はもっと、はるかに長いもので、おそらく1000年以上でももつものだと思われます。木で出来ているという事、またそれ故に修復が可能だということが理由です。

ただ、修復の度にだんだん後世の修理の部分が多くなっていくのでオリジナルの部分は少しずつ失われ、最後には消えていく、という事になるのではないでしょうか。ですから私たち修理者には出来るだけオリジナルを大切にし、そこにある考え方や音を生かした修理をする責任があります。


3月の演奏会のご案内
2008年3月14日(金) 北海道教育大学管弦楽団  第40回定期演奏会


  時間 :18:30開演
  場所 :札幌市生涯学習センター ちえりあホール
  曲目 :G.ビゼー/ カルメン 第1組曲
    J.ハイドン/ オーボエ協奏曲 ハ長調 HobVIIg:C1
    ドヴォルザーク/ 交響曲第8番 ト長調 作品88

2008年3月16日(日) ノルト・シンフォニカー 第1回定期演奏会


  時間 :19:00開演
  場所 :札幌市生涯学習センター ちえりあホール
  曲目 :第1部
    ヴェルディ/ 「椿姫」より
      前奏曲
      乾杯の歌
      ああ、そはかの人か 〜花から花へ
      天使のように清純な娘を
    第2部
    ベートーヴェン/ 交響曲 第7番 イ長調 op.92
  URL:http://nordsymphoniker.googlepages.com/

2008年3月25日(火) コンサート・コンコルデ
札幌音楽家協議会 弦楽合奏によるJ.S.バッハの響宴 〜協奏曲とアリアの夕べ〜


  時間 :19:00開演
  場所 :札幌コンサートホール Kitara 小ホール
  曲目 :バッハ/ 2台のチェンバロのための協奏曲 第1番 ハ長調 BWV1060
      コーヒー・カンタータBWV211よりアリア「今日にもきっと見つけてね」
      復活祭オラトリオBWV219よりアリア「心よ、汝の香料は」
      マタイ受難曲BWV244よりアリア「憐れんでください、神よ、私の涙のゆえに」
      ブランデンブルグ協奏曲 第5番 ニ長調 BWV1050
      2台のヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 BWV1043

2008年3月31日(月) 若林 亜由 ヴァイオリンリサイタル


  時間 :19:00開演
  場所 :札幌市教育文化会館 小ホール
  曲目 :ブラームス/ スケルツォ(FAEソナタより)
      ソナタ 第3番op.108
    エマニュエル=バッハ/ 春のめざめ
    ベートーベン/ ロマンスin F
    ブルッフ/ アダージョ アパショナータ
    ブロッホ/ バールシエムより 〜歓喜

 
2008/3/11 札幌店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ