弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ札幌店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のバックナンバーヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌市中央区北3条
西1丁目1-1
札幌ブリックキューブ2F
TEL:011-221-2561
FAX:011-221-2562
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ札幌店の地図

地図クリックで拡大します

駐車場:
中央区北3西2「NC北専北三条ビルパーキング」
※東急デパート南口向かい
※シャコンヌご利用の時間内は無料です


○毛替えについて
大変多くの方々にご用命いただきありがとうございます。

コンクール、発表会、演奏会本番に向けた毛替えも承ります。
事前のご予約も可能です。(札幌店011-221-2561)

ご希望のお時間やご要望などお気軽にお知らせ下さい。


新作‘CHACONNE’に関するお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。
011-221-2561 シャコンヌ札幌店

ぜひこちらをご覧ください
新作'CHACONNE'

【新年のお慶びを申し上げます】
今年もご来店いただいた方々の楽器により良い調整が出来るよう、精進していきます。また、楽器をお探しのお客様には、最高の出会いができるように、できる限りのお手伝いをさせていただきます。

より多くの方に信頼され、お気軽にご相談いただけるような店作りをしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。


【北海道の乾燥は厳しいです。ご注意を】
新年早々ですがご注意申し上げます。毎年この季節になるとしつこくお伝えしていますが、暖房をつける時間の長い北海道は、楽器にとって厳しい「乾燥しすぎ」の環境になりやすいです。

音が軽くなってくるだけならまだ良いのですが、一番怖いのが楽器に割れが生じてしまう事です。すでにこの冬も何件か乾燥による割れの修理の依頼を受けています。

また、乾燥してくると弦も傷みやすく、特にガット弦の場合はA線から雑音が出始め、すぐにほつれ始めてきます。そうなると駒に彫ってある弦の溝も傷むので次に張った弦が切れやすくなります。

適正な湿度の環境で調弦した楽器は乾燥してくると音程が上がり、楽器に過度の負担がかかります。

大切な楽器を以上のような状況から守るために、加湿器、ダンピット、そして下記のセーム皮の使用をお勧めします。楽器の移動が多くなければ加湿器で部屋ごと加湿してしまうのが一番楽です。ついでに自分も快適になります。楽器を持ち歩く場合はダンピットは必須、セーム皮とセットで使用するとなお良いでしょう。


【鹿セーム皮をお勧めします】
髪の毛の15万分の1という細かな天然繊維が目に見えない汚れを落とし、楽器に潤いと美しい艶を与えます。また、ケース内で楽器を包むと湿度調整もしてくれますので、冬の乾燥の厳しい北海道ではダンピットとあわせて使用する事をお勧めします。店頭にて、手触りとその使い心地をお確かめ下さい。

Mサイズ ¥5,300(本体¥5,050)
L,LLサイズもあります。

CHACONNEオリジナルセームクロス


【オリジナルカレンダー】
2008年はシャコンヌコレクション BARTOLOMEO GIUSEPPE GUARNERI“del Gesu”です。凄みがあり、本当に美しい楽器です。

ご来店の際にはどうぞご自由にお持ち下さい。遠方のお客様にはお送りいたしますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。


【団員募集の宣伝、承ります】
現在でも各団体の演奏会ポスターを貼るスペースと共に団員募集のスペースも設けてありますが、札幌市内だけでなく近郊の団体の団員募集もお気軽にご連絡下さい。

また最近は(北見、釧路など)遠方からご来店いただく方も増えているので遠方の団体もぜひどうぞ。練習日や練習内容、雰囲気がわかるようなチラシがあるとなお良いと思います。演奏会のポスター、チラシもお持ち下さい。


【今月のお店】
展示会を機に楽器を大幅に入れ替えました。先月までとはまた違った興味深い楽器を展示しています。今現在はチェロが少なめですがまた早いうちに補充していきたいと思います。

インターナショナル版の楽譜が入荷しました。お問い合わせ下さい。


【季刊ゴーシュ販売店】
北海道発のクラシック音楽マガジン 季刊ゴーシュ、取り扱っています。12月1日、12号発売。店頭にて。

最新の記事
2019.10.02更新
2019.09.12更新
2019.08.08更新
2019.07.16更新
2019.06.27更新
2019.06.15更新
2019.05.30更新
2019.04.13更新
2019.03.03更新
2019.01.31更新
2019.01.08更新
2018.12.11更新
2018.11.10更新
2018.06.20更新
2018.05.23更新
2018.04.07更新
2018.02.07更新
2017.12.14更新
2017.11.09更新
2017.06.06更新
2017.05.11更新
2017.02.16更新
2017.01.11更新
2016.12.24更新
2016.11.09更新
2016.09.08更新
2016.08.05更新
2016.07.19更新
2016.06.16更新
2016.05.03更新
2016.04.02更新
2016.02.18更新
2015.12.11更新
2015.10.29更新
2015.08.08更新
2015.05.22更新
2015.03.06更新
2014.12.26更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ札幌店スタッフより

ストラディヴァリやガルネリ(デル ジェス)の楽器はかなり昔からヴァイオリン(をはじめとする弦楽器)の最高峰とされ、その音の良さの理由を探るため様々な研究がなされてきたそうです。その研究とは塗られているニスの科学的な分析であったり材料や板の厚さの分析であったりと様々ですが、今までいずれの研究も失敗に終わってきました。

先日、あるお客様からテレビで放送された番組を録画したDVDをいただきました。2年ほど前の番組でストラディヴァリの秘密に迫り現代の新作楽器として再現する様々な取り組みを扱った内容でした。シャコンヌではストラディヴァリやガルネリを実際に修理する中でその音響理論やニスをほぼ解明し、新作楽器を作り出したところなのでとても興味深く見せていただきました。

その中ではストラディヴァリの楽器の形状や厚さをコンピューターで解析しそのとおりに再現する方法や、ストラディヴァリが生きていた時代に材料の木材に使われていた防虫剤が木材を硬くする効果があるとの事で、それを使用する木材にしみこませて楽器を作る方法が紹介されていました。ご覧になられた方もいると思います。

実際にそのような取り組みを目にしたのは初めてでしたが、見終えてから(短い映像を見ただけでは判断できませんが)確かに効果はあるのかもしれないな、と思いました。しかし本質をついているか、というと、そうとは言えないと思いました。やはり木である以上同じ厚さでも各部分の強さは異なりますし、防虫剤はその時代のすべての製作者が使用したでしょうから。しかし、勉強になりました。

ニスについては番組の中では触れられていませんでした。ニスが音にどれほど大きな影響を与えるかは実際に古い楽器を修理すると良くわかるものですが、それでも以前は「ニスは音にそれ程影響を与えない。」と誤った見方がされていて透明な硬いニスで楽器をコーティングしてピカピカにしてしまうことが普通に行われていたのです。また、それがストラディヴァリのオリジナルニスだと思われるようになっては、いくら科学的に分析しても本質にはたどり着けません。

番組の中では「ストラディヴァリはストラディヴァリであり、その秘密を探るような事はしてはいけないのだ。」という意見も紹介されていました。ストラディヴァリが殊更神秘的なものとされ、とても高価なものになってしまった世の中ではこのような考え方をされる方がいても無理の無い事だ、とも思います。

しかし弦楽器を扱う人間として私たちの考えは違います。ストラディヴァリの音を解明して新作楽器として現代によみがえらせる事は、素晴らしい音をより多くの人に広め、クラシック音楽の発展に寄与する事であり、もっと言えばクラシック音楽の今後を左右する事です。また、ストラディヴァリがなぜ良い音が出るのかがわからなければ、ストラディヴァリという楽器の本当の力を引き出す修理、調整も出来ないどころか、逆に楽器を駄目にしてしまう可能性が大きいのです。

今後もシャコンヌではストラディヴァリの再現の研究は続きますが、それと同時にこの音をもっと多くの人に広めていく努力が必要だと感じました。

1月の演奏会のご案内
2008年1月14日(祝・月) 北広島弦楽合奏団 第12回定期演奏会


  時間 :14:30開演
  場所 :北広島芸術文化ホール 花ホール
  曲目 :第一部 弦楽合奏、古典と近代の対比
      モーツァルト / アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
      ヤナーチェク / 弦楽のための組曲 
    第二部 ストリングスの魅力、再発見!
      映画音楽から / ニューシネマパラダイスから   
      シューベルトの歌曲から / 至福、歌曲集冬の旅から「春の夢」、ます 
      最近のヒット曲から / 千の風になって

2008年1月28日(月) ノンノン・マリア弦楽四重奏団演奏会


  時間 :19:00開演
  場所 :ザ・ルーテルホール
  曲目 :シューベルト / 弦楽四重奏曲 第12番 ハ短調
    尾高 尚志 / 弦楽四重奏曲 ト短調
    ブラームス / 弦楽四重奏曲 第1番 ハ短調 作品51−1
 
2008/1/9 札幌店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ