弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ札幌店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ札幌店のバックナンバーヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

札幌市中央区北3条
西1丁目1-1
札幌ブリックキューブ2F
TEL:011-221-2561
FAX:011-221-2562
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ札幌店の地図

地図クリックで拡大します

駐車場:
中央区北3西2「NC北専北三条ビルパーキング」
※東急デパート南口向かい
※シャコンヌご利用の時間内は無料です


○毛替えについて
大変多くの方々にご用命いただきありがとうございます。

コンクール、発表会、演奏会本番に向けた毛替えも承ります。
事前のご予約も可能です。(札幌店011-221-2561)

ご希望のお時間やご要望などお気軽にお知らせ下さい。


新作‘CHACONNE’に関するお問い合わせは下記の番号までお願いいたします。
011-221-2561 シャコンヌ札幌店

ぜひこちらをご覧ください
新作'CHACONNE'

○楽器定期点検のおすすめ

寒く湿度が低い日が続いていますが楽器の定期点検はお済ですか?お客様の楽器を点検させていただいた際には、音調整や修理、毛の交換など音が良くなり弾きやすくなるためにどのような手入れが必要か積極的にご提案させていただいております。

お持ちの楽器の健康状態は10〜15分ほどで、無料で点検することが出来ます。弓の毛の交換は、ご用命いただいてから1時間ほどでお返しいたします。楽器の調整は修理の内容により十分な時間を必要とする場合があります。

お見積りも可能ですのでお気軽にご来店ください。

またご来店の際にはご自身でもできる簡単な点検方法と手入れ方法もお伝えしておりますので、ぜひご相談ください。
(札幌店 TEL:011-221-2561)

シャコンヌの修理・調整に関しましては技術コラムもぜひご覧ください。
技術コラム「ナチュラル」


○帯広、旭川地区へお住まいの方へ

毎年春頃に帯広、旭川にて出張店舗を開催しております。教室でご指導されている先生や、お弟子様、帯広交響楽団や旭川フィルハーモニー管弦楽団の皆様、演奏会や発表会前の弦楽器奏者の方々などたくさんの方にご利用いただいております。

会場では修理・調整、毛の交換、弦楽器に関するご相談を承ります。また楽器と弓の展示もいたします。シャコンヌ製ヴァイオリン“新作CHACONNE”をぜひご試奏ください。

詳しい日時が決まりましたら、改めてお知らせいたします。
事前のお問い合わせやご要望ご質問はシャコンヌ札幌店へご連絡ください。
(札幌店 TEL:011-221-2561)


○シャコンヌ製楽器“新作CHACONNE”ユーザーの方々より

喜びの声がぞくぞく届いています。1月の記事でもご紹介いたしましたが、12月に、新作CHACONNE所有のチェリスト、ティム・デミー氏が札幌店に来店し新作CHACONNEのチェロを弾かれました。

暖かく豊かで、深い音色が弾くごとに、より鳴り、歌うようになるという感想のお手紙をいただきました。またマ・ロンディ製作のチェロ弓との相性のよさも再度おっしゃられました。
※マ・ロンディ:大変良質なフェルナンブーコを使用しオールドボウのコピーを数多く制作する弓製作家です。

また先日、アメリカのOrlando PhilharmonicのヴィオリストPeter Dutilly氏とSubsitute in Richmond SymphonyのチェリストStephanie Barrett氏が来店しました。新作CHACONNEの試奏をしていただき、大きな関心をもっていただきました。


ぜひ音色を確かめに札幌店へご来店ください。

新作CHACONNEの鳴り方について、九州小倉店の記事にまとめたものがございますので、そちらもご覧ください。
小倉店ページ2016/09/15号「遠鳴りの響き」


○今月のおすすめ楽器・弓

・VLA弓 ギヨーム・ゴールド


上で紹介いたしましたPeter Dutilly氏に新作CHACONNEと合わせて弾いていただきました。とても気に入られ、とくにモーツァルトやハイドンのカルテットなどには最適だと感想をいただきました。

・モダンフレンチ G.Apparut

新たに展示している楽器です。落ち着いた見た目で、太く迫力のある音がします。

入門用の楽器からランクアップする際にどういう楽器を選べばよいかという質問をたびたび受けますが、そのような時にまず試していただくのが、モダンフレンチです。

シャコンヌでは状態のよい楽器を仕入れ、修理調整をしてご紹介しています。今回紹介した楽器以外にも弾いていただける楽器がございますので、ランクアップ等お考えの方はお気軽にご相談ください。

またこれから楽器を始める方にもそれぞれのお客様にあった楽器を紹介させていただいております。こちらもお気軽にお問合せください。


○弦楽器用クロス キョンセームのご紹介

キョンセームはキョンという鹿から作られる天然の布で、古くから様々な用途で使われています。

きめがとても細かいので楽器の表面を磨くのに適しており、楽器を弾き終わったあとにキョンセームで乾拭きしていただくと楽器を良い状態に保つことができます。また楽器をケースにしまう際キョンセームで包んでおくと保湿効果が見込めます。

キョンセームはM〜LLサイズまであり用途によってお選びいただけます。札幌店に見本がございますので、ぜひお手にとって使い心地をお確かめください。

最新の記事
2019.01.08更新
2018.12.11更新
2018.11.10更新
2018.06.20更新
2018.05.23更新
2018.04.07更新
2018.02.07更新
2017.12.14更新
2017.11.09更新
2017.06.06更新
2017.05.11更新
2017.02.16更新
2017.01.11更新
2016.12.24更新
2016.11.09更新
2016.09.08更新
2016.08.05更新
2016.07.19更新
2016.06.16更新
2016.05.03更新
2016.04.02更新
2016.02.18更新
2015.12.11更新
2015.10.29更新
2015.08.08更新
2015.05.22更新
2015.03.06更新
2014.12.26更新
2014.10.24更新
2014.08.09更新
2014.06.14更新
2014.05.16更新
2014.03.28更新
2014.01.25更新
2013.12.06更新
2013.11.05更新
2013.09.18更新
2013.08.07更新
2013.06.19更新
2013.05.17更新
2013.03.20更新
2013.02.09更新
2012.12.21更新
 
過去記事一覧
 
2019/1/31 札幌店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ