弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ東京吉祥寺店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ東京吉祥寺店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ東京吉祥寺店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

武蔵野市吉祥寺本町
1-31-11KSビル904
TEL:0422-23-1879
FAX:0422-23-1876
MAIL:tokyo@chaconne.info
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ東京吉祥寺店の地図

地図クリックで拡大します

今年の関東地方は、暑さより、湿度の高さに苦しめられた夏だったように思います。そんな楽器に厳しい季節も終わり、演奏会・発表会の多い季節が始まりました。

この時期、よくある質問は、毛替え・絃交換は本番前何日くらいが最適なのかというものです。目安は、毛替え・絃交換共に1週間前くらいが良いかと思います。

毛替えは、事前に予約されますと、所要時間1時間30分、費用は3,150〜7,350円です。毛替え、絃交換と一緒に、楽器の点検(無料)も、お勧めです。最高のコンディションで、是非、本番に臨んで下さい。


【2006弦楽器フェア出展が決定しました】
毎年恒例、秋のイベント 東京弦楽器フェアに今年も出展いたします。昨年より広いブースでシャコンヌコレクションや日頃の研究成果をご覧いただく予定です。

日時:2006年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日) 10:00〜18:00
会場:科学技術館 東京都千代田区北の丸公園2-1
地下鉄竹橋駅(東西線)、九段下駅(東西線、半蔵門線、新宿線)より、それぞれ徒歩7分
入場料金:1,000円(3日間有効) 高校生以下無料

 

最新の記事
2019.05.17更新
2019.04.18更新
2019.01.30更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.08.03更新
2018.05.31更新
2018.04.10更新
2018.03.02更新
2018.01.13更新
2017.11.24更新
2017.10.13更新
2017.07.29更新
2017.07.18更新
2017.05.18更新
2017.03.24更新
2017.01.31更新
2016.12.07更新
2016.10.15更新
2016.08.19更新
2016.07.14更新
2016.05.13更新
2016.04.08更新
2016.03.15更新
2016.02.06更新
2015.12.24更新
2015.10.24更新
2015.10.06更新
2015.08.08更新
2015.07.23更新
2015.06.13更新
2015.04.23更新
2015.03.24更新
2015.03.07更新
2015.02.18更新
2015.01.31更新
2014.12.20更新
2014.10.30更新
2014.09.20更新
2014.07.31更新
2014.06.14更新
2014.04.11更新
2014.03.01更新
2014.01.31更新
2013.12.27更新
2013.12.04更新
2013.10.29更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ東京吉祥寺店スタッフより
- オールドヴァイオリンを探していて - - 音楽ができる音 -

先日、あるお客様に、8月の東京吉祥寺店のお勧め楽器として展示してありました、Simeone Morassiをお買い上げいただきました。

その方は、オールド楽器限定で探していらっしゃいました。これまで新作の楽器は音が硬く、あまり鳴らないという感想をお持ちのようでした。しかし、迷わず新作であるS.Morassiをお見せすると、今まで持っておられた新作のイメージとずいぶん違っていたらしく、最後まで気になっている様子でした。

結局再度ご来店いただき、古い楽器と比べられて、最終的にS.Morassiに決めていただきました。「まさか私が新作を選ぶとは思わなかった。」とおっしゃっていました。

私共もあらためてMorassiのすばらしさを実感することが出来ました。
これからも皆様に良いものをご紹介していきたいと思います。

先日来店されたお客様に、社長の窪田が調整した楽器と、東京店スタッフが調整した楽器を弾き比べてもらう機会がありました。東京店スタッフが調整した楽器は大きな音が出るということは認めてもらえたものの、お客様の意見は窪田の調整した楽器のほうが「音楽ができる」ということでした。

私達はよく「鳴る」という表現を口にします。しかし決して大きな音さえ出れば「鳴る」ということではないと窪田は言います。「音楽ができる音」が出て初めて「鳴る」と言えるのかもしれません。音色や反応の良さ、バランスなど様々な要素が含まれ、初めて表現できることがあるのだと改めて感じました。

先月、名古屋店で修理を終えた楽器を窪田にチェックしてもらった際も、調整の粗さを指摘され、楽器1本1本に対し、どこがどのようになっていると、どういう音になるのかという解説がありました。言われた通り少し手を加えるだけで音質が改善したことに、今更ながら調整の奥深さ、難しさを感じています。また修理技術者が癖のある弾き方をしていては、癖のある音しか出せない。結果、調整をしても癖のある音になってしまうという指摘も受けました。

「音楽ができる音」を提供できるように努力していきたいと思っています。

演奏会のご案内
東京外国語大学管弦楽団 第72回定期演奏会
指揮: 石毛 保彦
日程: 2006年10月14日(土) 18:30開演
場所: 府中の森 どりーむホール
プログラム  
ブラームス 交響曲第1番
プロコフィエフ バレエ組曲「シンデレラ」より第一組曲
ボロディン 歌劇「イーゴリ−公」より「ダッタン人の踊り」

毎回、演奏前に様々な国の言葉でプログラムを紹介しており、好評です。
団員80名。随時団員募集中です。

詳しくは、
http://tufs-orc.com (PC),
http://tufs-orc.com/m (mobile)

 
2006/10/2 東京吉祥寺店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ