弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ東京吉祥寺店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ東京吉祥寺店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ東京吉祥寺店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

武蔵野市吉祥寺本町
1-31-11KSビル904
TEL:0422-23-1879
FAX:0422-23-1876
MAIL:tokyo@chaconne.info
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ東京吉祥寺店の地図

地図クリックで拡大します

【展示会の日程が決まりました】
日時:2006年11月17日(金)、18日(土)、19日(日) 10:00〜18:30
場所:シャコンヌ東京吉祥寺店(KSビル9F 904、905、906)
皆様のお越しをお待ちしております。
2006年秋 展示会日程・会場


【2006弦楽器フェア出展が決定しました】
毎年恒例、秋のイベント 東京弦楽器フェアに今年も出展いたします。昨年より広いブースでシャコンヌコレクションや日頃の研究成果をご覧いただく予定です。

日時:2006年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日) 10:00〜18:00
会場:科学技術館 東京都千代田区北の丸公園2-1
地下鉄竹橋駅(東西線)、九段下駅(東西線、半蔵門線、新宿線)より、それぞれ徒歩7分
入場料金:1,000円(3日間有効)

最新の記事
2019.05.17更新
2019.04.18更新
2019.01.30更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.08.03更新
2018.05.31更新
2018.04.10更新
2018.03.02更新
2018.01.13更新
2017.11.24更新
2017.10.13更新
2017.07.29更新
2017.07.18更新
2017.05.18更新
2017.03.24更新
2017.01.31更新
2016.12.07更新
2016.10.15更新
2016.08.19更新
2016.07.14更新
2016.05.13更新
2016.04.08更新
2016.03.15更新
2016.02.06更新
2015.12.24更新
2015.10.24更新
2015.10.06更新
2015.08.08更新
2015.07.23更新
2015.06.13更新
2015.04.23更新
2015.03.24更新
2015.03.07更新
2015.02.18更新
2015.01.31更新
2014.12.20更新
2014.10.30更新
2014.09.20更新
2014.07.31更新
2014.06.14更新
2014.04.11更新
2014.03.01更新
2014.01.31更新
2013.12.27更新
2013.12.04更新
2013.10.29更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ東京吉祥寺店スタッフより
- 弓の毛が切れはじめたら - - 鹿セーム皮 -

先月、小倉店のページで紹介された弓の点検に関してですが、毛が弓のスティックと絃の間に挟まれて切れる場合、大抵写真のように、片側だけが切れます。

片側だけ毛が切れた状態で毛を張りますと、左右の張力のバランスが崩れて弓が曲がってしまいます。この状態で長期間使い続けますと、弓が曲がった状態でくせがついてしまい、元に戻らなくなります。これでは正しいボーイングもできなくなり、良い音も出ません。

このような事にならないために、毛が切れはじめてきたら、出来るだけ早めに毛替えされることをお勧めします。

片方のみ毛の切れた弓

シャコンヌでは昨年の春から、鹿セーム皮(商品についてはこちらをご覧下さい)を販売しています。

先日は、お掃除用にセーム皮を購入されたお客様がいらっしゃいました。NHKの番組で、お掃除におけるセーム皮利用術をご覧になり、天然で上質なものを探されていたようです。

セーム皮は、鹿の種類、なめし方等で品質にかなりの違いがあります。お掃除用に、化学繊維で出来た人工のものではなく、本革で上質なものを購入されたこのお客様は、きっと他の身の回りのものも、良いものを選び、大事に長く使う方なのではないかと感じました。

セーム皮は昔から漆器を包んだり、日本刀を磨いたりすることに使われていたようです。上質なものは、何度も洗って半永久的に使うことができ、使い込むほどに皮の柔らかさが増してきます。これは、ヴァイオリン等の弦楽器に通じる良さを持っているのではないでしょうか。上質な弦楽器は、修理をしながら何百年も使用することができ、弾き込むほどに音色に深みが加わっていくのですから。

身の回りに溢れているたくさんのものの中から、本当に良いものを見極め、大事に長く使うということは、非常に大切なことだと思います。私達は、今後も、良質の商品を扱う者として、技術的にも人間的にも成長するために努力していきたいと思います。

アマチュアオーケストラ
アマチュア・オケ紹介 武蔵野市民交響楽団

昨年、設立30周年を迎えた武蔵野市民交響楽団は、市民に愛される楽団をめざし、管弦楽・吹奏楽(アンサンブル・ダ・カーポ)・室内楽の定期演奏会(各年2回)や、特別演奏会を行うとともに、市民文化祭、市民運動会、成人式など武蔵野市の行事にも積極的に参加しています。

現在、登録団員は約180名、団員募集は随時行っています。

お問い合せは 070−6527−5633

太田さんまで。

【武蔵野市民交響楽団 次回第65回管弦楽定期演奏会】

日時: 2006年11月19日(日)14時開演
場所: 武蔵野市民文化会館(ARTE)大ホール
入場料: 前売券700円(当日券1,000円)、未就学児無料 全席自由
[曲目] 「ロメオとジュリエット」/チャイコフスキー
  交響曲第5番 ニ短調 作品47/ショスタコーヴィチ

武蔵野市民交響楽団ホームページ
  http://mcso.soc.or.jp

 
2006/9/5 東京吉祥寺店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ