弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ東京吉祥寺店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ東京吉祥寺店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ東京吉祥寺店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

武蔵野市吉祥寺本町
1-31-11KSビル904
TEL:0422-23-1879
FAX:0422-23-1876
MAIL:tokyo@chaconne.info
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ東京吉祥寺店の地図

地図クリックで拡大します

【2006弦楽器フェア出展が決定しました】
毎年恒例の秋のイベント、東京弦楽器フェアに今年も出展いたします。昨年より広いブースでシャコンヌコレクションや日頃の研究成果をご覧いただく予定です。

日時:2006年11月3日(金・祝)、4日(土)、5日(日) 10:00AM.〜6:00PM.
会場:科学技術館 東京都千代田区北の丸公園2-1


【 サザビーズカタログライブラリー】
書籍閲覧コーナーに新たにサザビーズのカタログが加わりました。1984年から30年にわたる貴重な資料です。シャコンヌで紹介しております書籍
Four Centuries of Violin Making(CozioPublishing2006)
と併せてご覧下さい。


サザビーズ(sotheby's)のカタログ


【今月の展示楽器】
新作イタリー
チェロ
F.PORTANTI(ファブリッツィオ・ポルタンティ クレモナ 2004)
M.RENATO(マシェロ・レナート ヴェルバニア 2004)
C.LEBET Copy of G.CAPPA (クロード・レベット ローマ 2001)

モダンイタリー
ヴァイオリン
G.FIORINI (ジュゼッペ・フィオリーニ ミュンヘン 1898)

最新の記事
2019.05.17更新
2019.04.18更新
2019.01.30更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.08.03更新
2018.05.31更新
2018.04.10更新
2018.03.02更新
2018.01.13更新
2017.11.24更新
2017.10.13更新
2017.07.29更新
2017.07.18更新
2017.05.18更新
2017.03.24更新
2017.01.31更新
2016.12.07更新
2016.10.15更新
2016.08.19更新
2016.07.14更新
2016.05.13更新
2016.04.08更新
2016.03.15更新
2016.02.06更新
2015.12.24更新
2015.10.24更新
2015.10.06更新
2015.08.08更新
2015.07.23更新
2015.06.13更新
2015.04.23更新
2015.03.24更新
2015.03.07更新
2015.02.18更新
2015.01.31更新
2014.12.20更新
2014.10.30更新
2014.09.20更新
2014.07.31更新
2014.06.14更新
2014.04.11更新
2014.03.01更新
2014.01.31更新
2013.12.27更新
2013.12.04更新
2013.10.29更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ東京吉祥寺店スタッフより
−湿度と気温― −エンリコ・ロッカ 調整レポート−

梅雨から夏にかけては、修理、調整の問い合わせが増える時期です。その理由として、高い湿度、気温が挙げられます。

今年の関東地方は、5月からあまり良い天気の日が無く、例年以上に湿度が高い日が多いように思います。そこで東京店も、いつもより早い時期から除湿機を使用し始めました。6月になり本格的に梅雨に入ると、各部屋にある除湿機はフル稼働です。約半日で一杯になってしまうほど湿度が高く、除湿機が止まってしまうと、あっという間に湿度は70パーセントを超えてしまいます。

こうなると気が気ではありません。過去に商品のネックが下がってしまったことがあるからです。楽器が鳴らなくなってしまい、修復するのに非常に大変だった事を記憶しています。

湿度が高くなり起こる現象はまだあります。それは膠(ニカワ)の剥れです。膠は水を加え湯煎することによって溶け、冷えると固まるという性質を持っています。ヴァイオリンは膠を接着材として使用しているので、湿度が上がり、膠が柔らかくなると接着の甘い部位や、膠が古くなってもろくなっている部位などが剥れてしまうことがあります。車内に楽器を放置してバラバラになってしまう理由も上記の膠の性質によるものです。気温が高い日は膠が溶けてしまうほど車内温度が上がるからです。

上記以外にもトラブルは考えられます。楽器を守るためにも除湿機やエアコンを使用し、できるだけ快適な環境を維持するよう心掛けてみてください。

先日、社長の窪田が東京店にてEnrico Roccaのチェロを調整しました。
まず、最初に駒の調整から取り掛かりました。駒を削って楽器の強さに合わせていきます。(楽器、駒を叩いてその音程をチェックしていきます。)強さを合わせたところで一度音を出してみたのですが、満足な結果が得られませんでした。

原因はカバー二ス(修理箇所を隠す、光沢を出す等の理由によって上から塗られた二ス)です。カバー二スの多くは硬い材料が使用され、塗られた部分はオリジナルの状態より音程が高くなっています。このカバー二スを、ボディのどこを叩いても同じ音程(強さ)になるようにとっていくことが必要です。これは非常に高度な調整方法で、豊富な経験とそれに基づく勘、そして根気が不可欠だと窪田は言っていました。

ニスを取りながら各部の音程をチェックしていきます。その都度、楽器を弾いて音のチェックをしていきます。ほんのわずか二スを取っただけでも目まぐるしく音が変わっていきます。どこをどうすればこうなる、ということが解っていないと出来ない仕事です。

最後にもう一度駒を調整して完成です。調整後の音を聴き、Roccaという楽器はこれほどすごい音がするのかと皆とても驚きました。

間近でこのような仕事を見ることができた事を、今後の仕事に生かしていきたいと思います。

 
2006/7/4 東京吉祥寺店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ