弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ名古屋店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋市中区栄2-11-19
熊田白川ビル3F
TEL:052-202-1776
FAX:052-202-2990
MAIL:nagoya@chaconne.info
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ名古屋店の地図

地図クリックで拡大します
駐車場のご案内はこちら


工房にて修理・調整・毛替え承ります。

音調整について
毛替えについて

楽器・弓の点検は無料です。状態に合わせて修理の期間や内容をご相談させていただきます。


団員募集情報を掲示しています
アマチュアオーケストラなどの団員募集情報を店頭でご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひ参考になさってください。

団員募集用のチラシをご持参いただければ(郵送も可)掲示板にてご紹介致します。情報をお寄せ下さい。


 

【名古屋展示会を開催します】
5月1日(水)〜5日(日)10:00〜18:30 名古屋店にて

☆展示会中のイベント☆
3日(金・祝) 15:00〜講演会
4日(土・祝) 19:00〜弾き比べコンサート(下記)
5日(日)   15:00〜講演会
会期中毎日 13:30〜14:30ビギナー向けメンテナンスミニ講座

♪楽器の歴史を学び、楽器の構造や音色の違いを比較して頂けます。
♪楽器の取扱いについて、疑問に感じている事は何でも聞いて下さい。
♪良い音の楽器を幅広い価格帯でご紹介いたします。大切な楽器選びのお手伝いをさせてください。

どなたでも楽しんでいただける企画内容をご用意しています。是非、お誘い合わせの上ご来店下さい。お待ちしております。

詳しくは
展示会案内ページ


【新学期によせて】
春休みを利用して、多くの学生アンサンブルの方が楽器のメンテナンスや点検に来店されました。また、進級するこの機会に、楽器のご購入を検討される方のご相談も多く頂きました。ありがとうございました。演奏会のチラシやチケット、団員募集のチラシなどはいつでもお持ち下さい。店頭でご紹介させていただきます。

新入生がたくさん入部して、よりスケールの大きな演奏が目指せるといいですね。是非、勧誘活動も頑張ってください!展示会には新入部員と一緒に、皆さんで遊びに来てください。お待ちしています。


【タイプの違う弓用の馬毛が入荷しました】
スペシャルランク対応の弓の馬毛で、従来のものと比べて太めのタイプが新たに入荷しました。チェロやヴィオラの方など、より引っかかりの強いタイプの毛を好まれる方にお勧めしています。もちろんヴァイオリンの弓にもご利用頂けます。

ご興味のある方は、従来の毛で張った時との音色や弾き心地の違いを、ぜひお試しください。

馬毛はいくつかの種類をご用意していますが、使用されている弓や、弾き方、その方の好みの事もありますので、受付の際にご相談下さい。技術スタッフが詳しくご説明致します。


【弓の毛替えはご予約なしでどうぞ】
弓の毛替えはご都合にあわせていつでもお持ち下さい。約30分〜1時間で仕上げさせていただいています。ご来店の方に限り、正規の毛替料金より、スペシャル・スタンダードは1,000円、スチューデントは500円値下げしております。


【コンサートチケット絶賛発売中です!】
オールド・イタリー名器と現代の名器“新作CHACONNE”弾き比べコンサート(全2回)を開催します。シャコンヌならではの、楽器にも焦点をあてた企画で、名演奏家による名演奏をお楽しみいただけると思います。ぜひお早めにお申込み下さい。

PART.2 ファイン・デュオリサイタル
2013年5月4日(土・祝)19:00開演
三井住友海上しらかわホール/一般4,000円 学生2,000円 全席自由
使用楽器;ストラディヴァリ・新作CHACONNEヴァイオリン

詳しくは
コンサート案内ページ


【"弾き比べコンサート"Part1'クリスティーヌ・ワレフスカチェロ・リサイタル'】 
3月26日(火)に‘クリスティーヌ・ワレフスカ チェロ・リサイタル’を開催し、大変多くの方にご来場頂きました。


前半は、ストラディヴァリ、ガルネリ、ベルゴンツィと、新作CHACONNE合計4台の弾き比べを聴いていただきました。舞台では弾く楽器の順番を伏せておき、終演後にロビーで楽器名を発表したため、「やっぱり!」とか「そうだったのかぁ!」「よく鳴ってたなぁ」!といった具合に、大いに盛り上がっていました。先入観なく、純粋な楽器の音色の違いに集中して耳を傾ける事が出来た、と好評でした。

ワレフスカさんの力強く堂々たる演奏は、一音一音に深い円熟味が感じられ、非常に心に沁み入りました。途中でトークも交えながら進行したため、その人柄にも魅了された方も少なくなかったようです。ワレフスカさんは、前日に初めて新作CHACONNEを弾いて感激してくださり、本番のトークでは心からの賛辞を製作者の窪田に頂きました。

ご来場頂きました方には、有り難うございました。公演を撮影したビデオを店頭で放映しています。ご来店の際に是非ご覧下さい。


【あの感動が蘇る!】 
これまで、シャコンヌ主催のコンサートに御出演頂いた方々のCDを店頭でご紹介しています。

ルカ・ファンフォーニ (昨年5月、新作CHACONNE11本を使用した「ルカ・ファンフォーニとレアーレコンチェルト」に出演)
    バッハ「無伴奏ソナタ&パルティータ」、イタリア作曲家の小品集 など

ファイン・デュオ (シャコンヌ30周年記念音楽祭など多数に出演)
    ベートーヴェン「ヴァイオリン・ソナタ」全曲・計4枚 

岡崎慶輔 (シャコンヌ30周年記念音楽祭など多数に出演) 
    ピアニスト伊藤恵さんとの録音で「デュオ1」「デュオ2」など

                                 他多数

生で演奏をお聴き頂いた方も、コンサートとは違った雰囲気をお楽しみ頂けると思います。是非、店頭でご確認ください。 


【お車でお越しの皆様へ】
駐車場のご利用に関して、一部変更がございます。詳細は左の地図をクリックしてください。

最新の記事
2017.06.15更新
2017.05.11更新
2017.03.17更新
2017.01.26更新
2016.12.17更新
2016.11.18更新
2016.10.08更新
2016.09.07更新
2016.08.05更新
2016.07.15更新
2016.06.24更新
2016.05.11更新
2016.04.28更新
2016.02.23更新
2015.12.26更新
2015.11.14更新
2015.09.20更新
2015.08.08更新
2015.07.24更新
2015.04.23更新
2015.03.07更新
2015.01.01更新
2014.12.04更新
2014.11.07更新
2014.10.07更新
2014.09.03更新
2014.07.11更新
2014.06.18更新
2014.05.23更新
2014.04.18更新
2014.03.20更新
2014.02.14更新
2014.01.09更新
2013.12.06更新
2013.11.08更新
2013.10.12更新
2013.08.23更新
2013.07.04更新
2013.06.07更新
2013.05.10更新
2013.04.06更新
2013.03.09更新
2013.02.12更新
2013.01.11更新
2012.12.07更新
2012.11.07更新
2012.10.09更新
2012.09.07更新
2012.07.18更新
2012.06.23更新
2012.05.12更新
2012.04.13更新
2012.03.06更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ名古屋店スタッフより
ニューヨークのモンドムジカに出展してきました。  

3月15日から17日までニューヨークで、モンドムジカ(国際弦楽器見本市)が開催されました。このイベントは、毎年イタリアのクレモナで開催されているモンドムジカと同じ主催者によるもので、アメリカでは初開催でした。シャコンヌは2009年から2012年まで毎年、クレモナのモンドムジカに「新作CHACONNE」を出展していますが、この度ニューヨークにも「新作CHACONNE」を出展してまいりました。

今回は社長に6人のスタッフが同行し、名古屋店からは4人が行ってまいりました。ニューヨークは名古屋よりも寒いとは聞いていましたが、イベント期間中は雪も降り、とりわけ寒波が来ていた時だったようです。

会場はタイムズスクエアから車で数分程の街中の、メトロポリタン・パビリオンという場所でした。規模はクレモナのモンドムジカの半分程で、出展している業者の数は約100社、楽器・弓メーカーや、ケース・修理用品メーカーなどが出展していました。やはりアメリカの開催とあって、アメリカの企業が多数で、その他はイタリアなどのヨーロッパメーカー、日本から出展したのはシャコンヌだけでした。

シャコンヌのブースでは「新作CHACONNE」のヴァイオリン6本、ヴィオラ2本、チェロ1本、さらにガスパロ・ダ・サロを展示し、来場した方々に弾いていただきました。


来場者はアマチュア・プロプレイヤーやからアメリカの製作学校の学生まで様々で、特にアジア系の来場者が多くみられたことはクレモナの時との違いでした。「新作CHACONNE」の評価は非常に良く、ブースで試奏をしている際の音を聴いて立ち止まる方も多くおられました。

しかし、やはり初開催ということもあってか、来場者数や規模など、まだまだこれから、という感じも受けました。印象としては毎年秋に東京で開催されている「弦楽器フェア」の方が規模も大きく、盛況に思われました。また同じように開催されるのかは今の時点ではわかりませんが、今後定期的に開催されるようになれば、ニューヨークという色々な意味で世界の中心である場所で、さらに弦楽器業界の広がりが期待できるのでは、と感じています。

ちょうど同じ時期、メトロポリタン美術館でストラディヴァリの企画展を開催しており、ストラディヴァリや、アマティ、ガルネリなど多数のオールドを興味深く見ることができました。ゴールデンウィークにシャコンヌ名古屋店で開催する春の展示会でも、「オールド・イタリーの世界」として企画展示をいたしますので、こちらもお越しいただいた皆様に楽しんでいただけるよう、智恵を絞って準備を進めてまいりたいと思います。どうぞご期待下さい。

 
2013/4/6 名古屋店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ