弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ名古屋店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋市中区栄2-11-19
熊田白川ビル3F
TEL:052-202-1776
FAX:052-202-2990
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ名古屋店の地図

地図クリックで拡大します
駐車場のご案内はこちら


工房にて修理・調整・毛替え承ります。

音調整について
毛替えについて

楽器・弓の点検は無料です。状態に合わせて修理の期間や内容をご相談させていただきます。


団員募集情報を掲示しています
アマチュアオーケストラなどの団員募集情報を店頭でご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひ参考になさってください。

団員募集用のチラシをご持参いただければ(郵送も可)掲示板にてご紹介致します。情報をお寄せ下さい。


 

【展示楽器が充実しています】
展示会の頃は、店頭の楽器が少なくなることもあり、ご来店いただいた方にはご迷惑をお掛けしました。海外から入荷したヴァイオリン、ヴィオラ、弓の修理・調整が順々に出来上がり、良い音に仕上がって店頭に並んでいます。

特に、オールド・ヴァイオリン(40万〜)、オールドコピーで人気のヘール社の新作楽器(ヴァイオリン30万〜、ヴィオラ35万〜)などが、お求めやすい幅広い価格帯で揃っています。また、分数楽器各サイズも豊富に揃っています。

楽器をお探しの方、ぜひお越し下さい。試奏も大歓迎です。心よりお待ちしています。


【オールド・ニス体験していただけます】
シャコンヌ製の“オールド・ニス”を施した新作のヴァイオリン、ヴィオラを店頭でご覧いただけるように用意しています。

この楽器は、シャコンヌの会社案内や、各地での展示会でもご紹介しており、大きな反響を呼んでいます。5月に名古屋で開催した記念コンサート『シャコンヌ音楽祭』でも演奏され、オールド楽器にも引けを取らない音量や、音色の美しさが好評でした。(ご希望の方は、その時の音色を2階のサロンで試聴していただけます。)

試奏もしていただけますので、まだお試しになっていない方、ぜひこのニスの性能を体験してみて下さい。

現在工房では、更に改良を加えたニスを試作中。どんな効果が表れるのか、我々も楽しみにしています。


【駐車場についてのお知らせ】
現在、お車でお越しの方に「白川公園北駐車場(科学館の北側)」をご利用いただいていますが、科学館の改装工事に伴い、9月末に閉鎖され利用できなくなります。

今後、替わりにご利用頂ける駐車場を検討しています。決定次第ご報告いたします。


【発表会をしました】
シャコンヌのスタッフ全員でヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの発表会をしました。

名古屋店のメンバーは、ベートーヴェンのチェロ・ソナタ、ロマンス(ヴァイオリン)、バッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、ヘンデルのヴァイオリン・デュエット、カルテットでハイドンの「ひばり」、L.モーツァルトの「おもちゃのシンフォニー」と、様々な曲目で、日頃の練習の成果を披露しました。

みな、人前で演奏するのは久しぶりだったり、初めてだったりで、かなり緊張しましたが、シャコンヌコレクションのオールドイタリー楽器やオールド・ニス新作楽器を使って、音を楽しみながら演奏しました。演奏技術の至らない点も、楽器の音に補われ、聴いている方も気分がよく、楽しいひと時でした。

次回は年末に開催される予定です。今度はどんな曲目にチャレンジするのか、とても楽しみです。

最新の記事
2019.10.18更新
2019.09.10更新
2019.07.08更新
2019.06.15更新
2019.05.02更新
2019.04.10更新
2019.02.27更新
2019.02.02更新
2019.01.09更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.07.17更新
2018.07.04更新
2018.04.26更新
2018.04.12更新
2018.04.03更新
2018.03.14更新
2018.02.17更新
2017.09.28更新
2017.07.19更新
2017.06.15更新
2017.05.11更新
2017.03.17更新
2017.01.26更新
2016.12.17更新
2016.11.18更新
2016.10.08更新
2016.09.07更新
2016.08.05更新
2016.07.15更新
2016.06.24更新
2016.05.11更新
2016.04.28更新
2016.02.23更新
2015.12.26更新
2015.11.14更新
2015.09.20更新
2015.08.08更新
2015.07.24更新
2015.04.23更新
2015.03.07更新
2015.01.01更新
2014.12.04更新
2014.11.07更新
2014.10.07更新
2014.09.03更新
2014.07.11更新
2014.06.18更新
2014.05.23更新
2014.04.18更新
2014.03.20更新
2014.02.14更新
2014.01.09更新
2013.12.06更新
2013.11.08更新
2013.10.12更新
2013.08.23更新
2013.07.04更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ名古屋店スタッフより
【お勧め楽器】タマス・グミナール TAMAS GUMINAR 2007(ガルネリ“デル・ジェス”・コピー)

ヴァイオリン タマス・グミナール(TAMAS GUMINAR)-シャコンヌ名古屋店のお勧め楽器

以前にもご紹介したグミナールの新作が入荷しました。
以前のご紹介記事(2006年6月)

元々作るのが速いメーカーだった上に、最近は良いものが次々に仕上がってシャコンヌに届いてきます。

最新作のこのヴァイオリンは、ボディサイズが350ミリと小ぶりなので、手の小さい方にも弾きやすいと思います。新作とは思えない程、落ち着いた伸びのある音色が非常に良く、ぜひお勧めしたい楽器です。 

シャコンヌプライス¥2,100,000円(税込)

アジャスターによる音響の違い  

皆さんはアジャスターによって楽器の鳴りが変わることをご存じですか?先日、海外から入荷した新作ヴァイオリンを調整していて、私たちも実感しました。

その楽器は低弦(D線、G線)が全く鳴らず、魂柱や駒をいくら調整しても良くならなくて困っていたとき、E線アジャスターの爪が長く、引っかける位置が高い事に気がつきました。そこで、シャコンヌでお勧めしているゴールドのアジャスターに交換したところ、すべての弦がバランスよく鳴るようになりました。

各弦は駒を頂点として角度がついていますがそこには適正な角度が必要であり、角度が強すぎても弱すぎても楽器のバランスを崩してしまいます。また、どれか1本の弦だけ角度が極端に違ってもバランスが崩れます。アジャスターやテールピース(緒止板)の中には、弦を引っ掛ける爪の部分が非常に高い位置にくる形の物があり、その場合弦の角度が浅くなってしまい振動が魂柱や裏板に伝わらず、楽器がきちんと鳴りません。

今回の楽器の場合は、アジャスターの爪が元のものよりも短いものに変えたことで、E線の角度が深くなり駒への圧力が増し、弦の圧力が駒や魂柱にバランスよく伝わるようになった、という事です。

この様に、アジャスターやテールピースなどの付属品の交換によって、簡単に音の響きが改善される場合もあります。ぜひ、店頭で技術者にご相談ください。

アジャスター:爪の高いタイプ

× 爪の高いタイプ

アジャスター:爪の短いタイプ

○ 爪の短いタイプ

 
2007/8/9 名古屋店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ