弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ名古屋店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋市中区栄2-11-19
熊田白川ビル3F
TEL:052-202-1776
FAX:052-202-2990
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ名古屋店の地図

地図クリックで拡大します
駐車場のご案内はこちら


工房にて修理・調整・毛替え承ります。

音調整について
毛替えについて

楽器・弓の点検は無料です。状態に合わせて修理の期間や内容をご相談させていただきます。


団員募集情報を掲示しています
アマチュアオーケストラなどの団員募集情報を店頭でご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひ参考になさってください。

団員募集用のチラシをご持参いただければ(郵送も可)掲示板にてご紹介致します。情報をお寄せ下さい。


 

【御卒業、御入学おめでとうございます!】
春になり、新しい門出を迎えられる方も多いと思います。ひとつの節目となるこの季節に、新しく楽器をお買い求めになる方や、楽器を始められる方が多いようです。

名古屋店でも3月中旬頃から、多くの方にお問い合わせや御相談をいただき、たくさんの楽器をお買い上げいただきました。また、健康診断や毛替えなどのメンテナンスを受けられる方も多くいらっしゃり、修理工房は目の回るような忙しさです。それでも、ひとつでも多くの楽器を良い状態で皆様にご紹介できる様に、技術者が日々奮闘しています。

幸運なことに、状態が良く手頃な価格帯の楽器をロンドンで大量に仕入れることができました。修理や調整が比較的早くできそうなので、用意でき次第、順次店頭にて御紹介いたしますので、御期待下さい。


【学校楽器をお使いの学生オケの方へ】
学校の楽器をお使いの方で、「そろそろ新人の為に楽器を返さなくてはならない」とか、「もっと状態が良く、いい音の楽器で演奏したい」などの理由で楽器をお探しではありませんか?

ぜひシャコンヌにいらして下さい。御予算やお好みに応じて、しっかりと弾ける楽器を御紹介します。初めて楽器を選ぶ方でも、心配はいりません。スタッフが一緒にお手伝いしますので、何でも御相談ください。


【アマチュア演奏家の活動が盛んです】
演奏するお仲間をお探しの方などに、日本アマチュア協会(APA)のご紹介を始めてしばらく経ちます。名古屋でのお仲間が増えて、例会を定期的に開催されるようになったそうです。
演奏会のチラシや、団員募集のチラシを店頭に置いて情報を発信していますので、どうぞ情報をお寄せ下さい。

最新の記事
2019.10.18更新
2019.09.10更新
2019.07.08更新
2019.06.15更新
2019.05.02更新
2019.04.10更新
2019.02.27更新
2019.02.02更新
2019.01.09更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.07.17更新
2018.07.04更新
2018.04.26更新
2018.04.12更新
2018.04.03更新
2018.03.14更新
2018.02.17更新
2017.09.28更新
2017.07.19更新
2017.06.15更新
2017.05.11更新
2017.03.17更新
2017.01.26更新
2016.12.17更新
2016.11.18更新
2016.10.08更新
2016.09.07更新
2016.08.05更新
2016.07.15更新
2016.06.24更新
2016.05.11更新
2016.04.28更新
2016.02.23更新
2015.12.26更新
2015.11.14更新
2015.09.20更新
2015.08.08更新
2015.07.24更新
2015.04.23更新
2015.03.07更新
2015.01.01更新
2014.12.04更新
2014.11.07更新
2014.10.07更新
2014.09.03更新
2014.07.11更新
2014.06.18更新
2014.05.23更新
2014.04.18更新
2014.03.20更新
2014.02.14更新
2014.01.09更新
2013.12.06更新
2013.11.08更新
2013.10.12更新
2013.08.23更新
2013.07.04更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ名古屋店スタッフより
【弦の寿命について】 【E線のサビについて】

弦は一体どれくらい長持ちするものか、交換時期はいつがいいのか、迷われることがあると思います。

私たちが日頃お客様の楽器を拝見し、お話をお聞きした実感では、(弦の材質や使用頻度によって違いがありますが)一般的には、張り替えてから1ヶ月位がピークで、そこから徐々にパワーが無くなり、3ヶ月位で伸びきってしまいます。我慢して使い続けても、半年が限度のようです。ガット弦とナイロン弦を比べると、ナイロン弦の方が伸びやすいため、よい音が出るという意味では、寿命は短いようです。

たいていの場合は半年が来る前にさびたり、巻き線が剥れるなどのトラブルが生じて、換えざるを得なくなります。毎日数時間は弾いているプロの演奏家や音大の受験生の中には、1ヶ月持たないとおっしゃる方もいます。

目安としては、3ヶ月から半年の間で時期を決めて、全弦同時に交換するのが望ましいと思います。また、出演する演奏会の1週間くらい前に替えるようにしている方も多いようです。E線はスチール製でさびやすいため、他の弦よりは頻繁に換える必要があると思われます。

ヴァイオリンのE線はスチール製でサビが生じやすいのですが、線自体が細いため気づかれずにそのままになっているのをよく見かけます。E線のサビの弊害は意外と大きいということをご存知でしょうか?

さびた部分は質量が変化し弱くなるため、同じ弦の上で別々の振動をするようになります。これが音の濁る原因となり、ひどい場合には、「五度が合わない」状態になり、音程の感覚を養う妨げとなります。これは徐々に起こる変化なので、なかなか気づきにくいことです。お手持ちの楽器のE線をご覧になって、少しでも黒い部分があったら新しいものと取り換えることをお勧めします。

通常は1ヶ月以上は持つと思われますが、人によっては、多く汗をかいたりするので、早くさびて、寿命が短くなる場合もあるようです。ケースにしまう前には、汗などをよくふき取っておくことも、サビを予防するのに有効かと思います。

 
2007/4/10 名古屋店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ