弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ名古屋店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋市中区栄2-11-19
熊田白川ビル3F
TEL:052-202-1776
FAX:052-202-2990
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ名古屋店の地図

地図クリックで拡大します
駐車場のご案内はこちら


工房にて修理・調整・毛替え承ります。

音調整について
毛替えについて

楽器・弓の点検は無料です。状態に合わせて修理の期間や内容をご相談させていただきます。


団員募集情報を掲示しています
アマチュアオーケストラなどの団員募集情報を店頭でご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひ参考になさってください。

団員募集用のチラシをご持参いただければ(郵送も可)掲示板にてご紹介致します。情報をお寄せ下さい。


 

【創立30年を迎えて】
昨年秋にシャコンヌは創立30周年、節目の年を迎えました。
2月頭に行った社員研修では、これからのシャコンヌをどうしていきたいかを、「新シャコンヌ像とは?」というテーマで討論しました。

「楽器を扱うプロとして、充分に責任を果たせる様でありたい」また、「美しい音を追求しつづけるシャコンヌでありたい」という意見が多くみられました。個人々々の能力を伸ばす努力を惜しまず、シャコンヌらしくあり続けるために、覚悟を持って今後も取り組んでいきたいと、スタッフ一同決意を新たにしました。

現在、30周年記念の会社案内を製作中です。また、秋に続いて春も記念展示会や、記念演奏会を企画しています。どちらも、「30年経ったシャコンヌだからこそできる」という内容で、皆様に楽しんでいただけるようにしたいと考えて奮闘しています。どうぞお楽しみにして下さい。


【学校楽器をお使いの学生オケの方へ】
学校の楽器をお使いの方で、「そろそろ来年度の新人の為に楽器を返さなくてはならない」とか、「もっと状態が良く、いい音の楽器で演奏したい」などの理由で楽器をお探しではありませんか?

ぜひシャコンヌにいらして下さい。御予算やお好みに応じて、しっかりと弾ける楽器を御紹介します。初めて楽器を選ぶ方でも、心配はいりません。スタッフが一緒にお手伝いしますので、何でも御相談ください。


【アマチュア演奏家の活動が盛んです】
演奏するお仲間をお探しの方などに、日本アマチュア協会(APA)のご紹介を始めてしばらく経ちます。名古屋でのお仲間が増えて、例会を定期的に開催されるようになったそうです。演奏会のチラシや、団員募集のチラシを店頭に置いて情報を発信していますので、どうぞ情報をお寄せ下さい。

最新の記事
2019.10.18更新
2019.09.10更新
2019.07.08更新
2019.06.15更新
2019.05.02更新
2019.04.10更新
2019.02.27更新
2019.02.02更新
2019.01.09更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.07.17更新
2018.07.04更新
2018.04.26更新
2018.04.12更新
2018.04.03更新
2018.03.14更新
2018.02.17更新
2017.09.28更新
2017.07.19更新
2017.06.15更新
2017.05.11更新
2017.03.17更新
2017.01.26更新
2016.12.17更新
2016.11.18更新
2016.10.08更新
2016.09.07更新
2016.08.05更新
2016.07.15更新
2016.06.24更新
2016.05.11更新
2016.04.28更新
2016.02.23更新
2015.12.26更新
2015.11.14更新
2015.09.20更新
2015.08.08更新
2015.07.24更新
2015.04.23更新
2015.03.07更新
2015.01.01更新
2014.12.04更新
2014.11.07更新
2014.10.07更新
2014.09.03更新
2014.07.11更新
2014.06.18更新
2014.05.23更新
2014.04.18更新
2014.03.20更新
2014.02.14更新
2014.01.09更新
2013.12.06更新
2013.11.08更新
2013.10.12更新
2013.08.23更新
2013.07.04更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ名古屋店スタッフより
【最近の流行の弦について思うこと】  

ここ数年、メーカー各社からナイロン系の新素材を使った、張りの強い弦が発売されるようになりました(トマスティック社のインフェルド、ピラストロ社のオブリガート、エヴァピラッツィなど)。これらの弦は、力強い音色と大きな音量に特徴があるといってよいでしょう。弦楽器のユーザーにとって弦の選択の幅が増えることは喜ばしいことです。しかし、気をつけねばならないのは、「張りが強い」ということは、楽器本体に対する負荷も大きいという点です。

シャコンヌでは、弾くとき以外は弦を少し緩めておくことをお勧めしていますが、特にこれらの弦を張られた場合にはその配慮が必要と思われます。強い張力により、楽器に負担がかかり続けることで発生する、ネック下がり等のトラブルを回避するためです。

また、楽器が鳴らないからといってすぐにこれらの弦に飛びつくのも考え物です。鳴る、鳴らないというのはむしろ楽器本体の問題であると思うからです。楽器そのものが振動しやすい構造をしているか、音調整がきちんと出来ているかどうかが、より重要だと考えます。

これらを踏まえたうえで、豊かな弦のバリエーションをお楽しみいただければと思います。楽器の状態と併せて、我々技術スタッフに御相談ください。

 
2007/3/6 名古屋店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ