弦楽器専門店 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、弓・弦などの販売・レンタル 修理・毛替えの工房

 
シャコンヌ-CHACONNE
楽器コラム:ピアニッシモ 技術コラム:ナチュラル 出張・イベント報告 お問い合わせ サイトマップ
弦楽器販売 レンタル 修理・調整 コレクション シャコンヌのご案内
シャコンヌホーム シャコンヌ名古屋本店 シャコンヌ東京吉祥寺店 シャコンヌ金沢店 シャコンヌ九州小倉店 シャコンヌ札幌店 展示会のご案内
 
シャコンヌ名古屋店-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のトピックス-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店 シャコンヌ名古屋店のバックナンバー-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロの弦楽器専門店

名古屋市中区栄2-11-19
熊田白川ビル3F
TEL:052-202-1776
FAX:052-202-2990
営業時間:10:00〜18:30
定休日:日・月

シャコンヌ名古屋店の地図

地図クリックで拡大します
駐車場のご案内はこちら


工房にて修理・調整・毛替え承ります。

音調整について
毛替えについて

楽器・弓の点検は無料です。状態に合わせて修理の期間や内容をご相談させていただきます。


団員募集情報を掲示しています
アマチュアオーケストラなどの団員募集情報を店頭でご紹介しています。ご興味のある方は、ぜひ参考になさってください。

団員募集用のチラシをご持参いただければ(郵送も可)掲示板にてご紹介致します。情報をお寄せ下さい。


 

【イタリアからのお客様】
クレモナから楽器製作家のシメオネ・モラッシー氏と、ジョバンニ・モラッシー氏(奥様同伴で)が名古屋店に来店されました。シャコンヌとは古くから互いの意見交換をするなど、とてもよい信頼関係にあります。今回も多忙な中わざわざお越し下さり、色々な話をすることができました。

特にシャコンヌの和紙を使った割れの修理法や、先頃発明した「オールドニス」の仕上がりを見て非常に驚かれ、感激をされていました。社長の窪田が、ニスの製造法や塗り方などを詳しく説明、実演してみせたところ、彼らも今後この方法を取り組んで製作してみるとの事でした。

名古屋店のスタッフとともに夕食をとり、我々にとっても有意義な一日となりました。今後も、互いに協力し合える良い関係を保てるよう、我々スタッフも努力していきたいと思います。


【30周年記念展示会を開催します】
名古屋店にて、12/15(金)〜17(日)に開催します。
名古屋展示会だけの特別企画もご用意していますので、お楽しみに!

最終日の17日には、記念コンサート第1弾 ファイン・デュオによる
『名器の響き』 をしらかわホールにて(19:00開演)開催します。

コンサートでは、ストラディヴァリ、ガルネリ、ベルゴンツィの世界三大名器をシャコンヌコレクションの中から使用します。

“この世のものとは思えない程の美しい音楽”をお届けできると思います。

ファイン・デュオ…沼田園子(Vn)と蓼沼明美(P)により、今年結成20周年を迎えるデュオ。古典から現代まで幅広いレパートリーを持ち国内外で活動、高い評価を得ている。

〈曲目〉
   モーツァルト:ヴァイオリンソナタ KV454
   ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第3番
   フォーレ:ヴァイオリンソナタ第1番
   ヴィターリ:シャコンヌ

チケットについては、名古屋店(TEL:052-202-1776)までお問い合わせ下さい。

 

最新の記事
2019.10.18更新
2019.09.10更新
2019.07.08更新
2019.06.15更新
2019.05.02更新
2019.04.10更新
2019.02.27更新
2019.02.02更新
2019.01.09更新
2018.12.07更新
2018.11.10更新
2018.07.17更新
2018.07.04更新
2018.04.26更新
2018.04.12更新
2018.04.03更新
2018.03.14更新
2018.02.17更新
2017.09.28更新
2017.07.19更新
2017.06.15更新
2017.05.11更新
2017.03.17更新
2017.01.26更新
2016.12.17更新
2016.11.18更新
2016.10.08更新
2016.09.07更新
2016.08.05更新
2016.07.15更新
2016.06.24更新
2016.05.11更新
2016.04.28更新
2016.02.23更新
2015.12.26更新
2015.11.14更新
2015.09.20更新
2015.08.08更新
2015.07.24更新
2015.04.23更新
2015.03.07更新
2015.01.01更新
2014.12.04更新
2014.11.07更新
2014.10.07更新
2014.09.03更新
2014.07.11更新
2014.06.18更新
2014.05.23更新
2014.04.18更新
2014.03.20更新
2014.02.14更新
2014.01.09更新
2013.12.06更新
2013.11.08更新
2013.10.12更新
2013.08.23更新
2013.07.04更新
 
過去記事一覧
シャコンヌ名古屋店スタッフより
【乾燥しすぎにご注意!】  

11月に入ってから急に気温が下がり、空気が乾燥してきました。これから気温がどんどん下がり、さらに暖房をつけることでお部屋の空気が非常に乾燥してきます。

弦楽器は「乾燥のしすぎ」に注意が必要です。乾燥すると楽器の木の水分が抜けて、適度な場合には楽器がよく鳴り、乾いたいい音がします。しかし乾燥しすぎると、今度はささくれ立った様なカサカサとした音になり、パワーも不足します。

音色だけでなく、木が縮むことで接着部が剥がれたり、板が割れてしまうこともあります。オールドはもちろんですが、新作楽器についても「乾燥のしすぎ」には注意が必要です。

大切な楽器を乾燥からのトラブルから避けるため、次の2つの方法をお勧めします。

1. 加湿する    
<加湿器>
部屋全体を加湿する、加湿器をつけることは非常に効果的です。湿度を40〜50%位に保つことが理想です。
<ダンピット>
楽器を直接ピンポイントで加湿できるダンピットは、即効性があり、大きな効果を発揮します。
詳しくは【おすすめ商品】にて

2. 絃をゆるめる
急激な乾燥や気温が下がることで、絃が縮んで強い張力で引っ張り、楽器に大きな負担がかかります。絃の種類によっては伸びたり、切れたりと、早く消耗することがあります。ケースにしまう前に、半音から1音位下げておきましょう。


【おすすめ商品】DANPIT(ダンピット)

DANPIT(ダンピット)

DANPIT(ダンピット)

ゴムチューブの中にスポンジが内蔵されています。スポンジに水を含ませて、f字孔の中に挿しておくことで、楽器の内側から加湿することができます。携帯でき、出先でも気軽に使える点も利点です。

ご利用の際には、水がたれない程度にスポンジを絞り、周りを軽く拭いてからお使い下さい。また、頭の黒いストッパーの部分まで、完全にチューブを楽器の中に挿入してお使い下さい。

f字孔は大変デリケートな部分のため、慎重に挿入、取り出しされることをお勧めします。楽器によっては、f字孔の穴が小さくて使用できない場合がありますのでご注意下さい。

 

 

ヴァイオリン用 シャコンヌプライス ¥2,100(税込)
ヴィオラ用 シャコンヌプライス ¥2,260(税込)
チェロ用 シャコンヌプライス ¥2,520(税込)
バス用 シャコンヌプライス ¥2,940(税込)

 
2006/11/24 名古屋店
  シャコンヌホーム
Copyright(c) 2006 CHACONNE CO.,LTD. All rights reserved 弦楽器専門店シャコンヌ-ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ